スタッフダイアリー

ミドリンを点眼すると

2015年5月25日

ilm09_cd03003-s

先日、左目に見えにくさを感じて眼科へ行ったところ、「眼底検査をしましょう」ということで、ミドリンを点眼されました。

ミドリンは、目の調節麻痺、瞳孔を開かせる作用のある目薬です。
「この目薬をさすと、4~5時間が視界がぼやけますよ」と言われて覚悟はしていたものの、いざ点眼すると・・・。
痛いくらいしみます。

そして、検査終了後、会計に呼ばれたのですがお財布の中のお札や小銭がぼやけて、お金を出すのもひと苦労。外に出ると、横断歩道の白さが眩しくて渡るのが怖くなりました。

眼科で近視と診断されると、この「ミドリン」という目薬を毎晩さすようにと処方されることがあります。
「ミドリン」は本来眼底を検査する時に用いられる薬で、視力回復の目薬ではありません。

視力ランドでは、ミドリンの使用は、短期で結果を見極めるようにとおすすめしてきましたが、こんな強力な筋肉麻痺剤を毎晩点眼するなんて、やはり怖い・・・と身をもって実感しました。

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル