スタッフダイアリー

緑色は目に良い色?

2015年6月5日

item028a

西日本では、とうとう梅雨入りしましたね。
視力ランド(眼育総研事務局)のある横浜でも、梅雨入りを前に先日雨が降り、街路樹などの緑が生き生きとしています。

緑色は目に良い、と聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
確かに、緑の多い自然の中を散策したり、無機質な空間に観葉植物があったりすると、ホッとした気持ちになります。
なぜ、緑色が目に良いと言われるのでしょうか。

人の目で見ることのできる可視光線は、波長が380nm~780nm(ナノメートル)の範囲の光です。
波長の長い赤から波長の短い紫までありますが、人が知覚しやすいとされる波長は555nm。
緑色の波長は495-570nmで、ちょうど人が知覚しやすいのが緑色の付近です。

知覚しやすい・見やすいということから、目に優しい色と言われるようです。
好きな色ランキングで、白に次いで、緑が多くあげられるのも納得できる気がします。

ちなみに、目の休憩をする時は、遠くの緑を見るのも良いのですが、近視の方にはこちらの方法がおすすめです。

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル