スタッフダイアリー

適切な読書時間は?

2015年6月18日

ilm03_ac04003-s

こんにちは。眼育(めいく)サポーターの太田です。

先日、小学2年生の男の子のお母様からご相談がありました。
とにかく本が大好きで没頭してしまうタイプだそうで、「気が付くと本を読んでいるんです。階段でも廊下でも本棚の前でも読んでいるんです。読書時間は何時間までに減らせばいいでしょうか?」とお悩みです。

残念ながら、「○時間までなら、本やゲームをしても近視にはなりません。」という時間はありません。
近視は一種の環境適応なので、今までの生活習慣で近視が進んでしまったという事実を考えると、少なくとも今より減らす努力は必要です。
そして、ハーフタイム(目の休憩)を取り入れること。外遊びや散歩など、遠くを見る必要性のある機会を意識して増やすこともおすすめしました。

視力低下を防ぎながらスマホやゲーム・読書を楽しむための対策については、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル