スタッフダイアリー

姿勢 気になっていませんか?

2015年9月2日

ilm19_ca06057-s

こんにちは。眼育(めいく)サポーターの太田です。

とうとう夏休みもおしまいですね。近所の小学校でも今日から新学期が始まったようで、通学路となっている我が家の前を、にぎやかに子供たちが通り過ぎていきました。

子供と過ごすことが多かった夏休み、改めて気が付いたのは、うちの子達は姿勢が良くない!ということです。
背中が丸まって、ノートと目が近い・・・でも、宿題に集中している姿を見ると、注意しずらい。なんていうことが度々ありました。

姿勢についていろいろと調べていると、どうやら身体のゆがみや筋力の低下も関係しているようで、「姿勢を良くして!」と注意するだけで直すのは、なかなか難しいようです。

眼育総研でもこれまでに、「坐骨を意識しながら座る」方法などをご紹介してきました。
坐骨でバランスをとる座り方をした場合、最初は良いのですが、何かに集中し始めると、また背中が丸まっていた!なんてこともあると思います。
そこで、私が試してみたのは、小さなバランスボールを使う方法です。

バランスボールを使う方法とは、背もたれと背中の間に、小さいサイズのバランスボールをはさむ方法です。
試してみると実感していただけると思いますが、背もたれと背中の間にボールをはさむと、意識しなくても姿勢が真っ直ぐになります。
ボールの大きさは20センチくらい、ゴムボールなど少し弾力のあるものが使いやすいように思います。

いきなり長時間はむずかしいので、10分くらいから慣らして、少しずつ伸ばしていくのがおすすめです。
1日に10分でも20分でも正しい姿勢で座れれば、今までよりは進歩です。
身体が正しい姿勢を覚えてくれば、だんだんと姿勢の良さにつながっていくのではないかと期待しています。

ボールさえあれば簡単にできるので、お子さんに限らず、姿勢が気になっている大人の方もぜひ試してみてください!

子供の姿勢を直したくて、ついつい注意ばかりしていて嫌がられてしまった・・・というお父様、お母様へ。
姿勢が悪くなっていることを、音声と振動でお知らせする秘密兵器【近視バスター】もおすすめです。

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル