スタッフダイアリー

まつ毛より大切なメガネの位置

2016年6月7日

free-illustration-mascara-irasutoya

こんにちは。眼育サポーターの太田です。

4月、5月の学校検眼のシーズン、千人を超える方に視力向上可能性判定をご利用いただきました。ありがとうございます。
判定の結果を読んで、ほっとしたり、がっかりしたりしたりなどあったと思います。
分かりにくいことがあったり、もっと詳しく知りたいことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。

さて、メガネを使う女性の方なら気になったことがあるかもしれません。
メガネのレンズがつけまつげやエクステに触れてしまう、というお悩みです。
最近では、メガネの位置を持ち上げるパッドなどもあります。
目元パッチリメイクを崩さずにメガネが利用できるのは魅力ですね。

ですが、安易な鼻パッドの利用は、見え方や視野に影響を与え、疲れ目などにもつながりますのでご注意ください。

何気なく耳にかけているメガネですが、メガネ屋さんでは、ミリ単位で調節して見え方を調節しています。
目とレンズの適切な距離は12mmと言われています。
1mmでもずれると、本来の度数よりも強くなったり弱くなったりし、見え方が変わります。
そして、レンズが目から離れると、たった1mmでもフレーム1個分の視野が狭くなってしまいます。

また、目の中心とレンズの中心があっていることも大切なポイントです。
ずれていると、ぼやけたりゆがんだりするので、ピントを合わせようとして目に余計な働きをさせてしまい、疲れ目につながります。

なので、まつ毛を守るためだとしても、メガネの位置が変わってしまうような、厚みのある鼻パッドは避ける方が賢明です。
もしも使う時は、眼科やメガネ店などで調節してもらうと安心です。
快適に見るためのメガネで、かえって目が疲れてしまった!なんてことにならないようにしたいですね。

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル