スタッフダイアリー

照明器具のお手入れしてますか?

2017年2月22日

こんにちは。眼育サポーターの太田です。
ここ横浜でも春一番が吹き、春がだんだん近づいてきたなぁと感じるこの頃です。

さて、先週の休みに家族でリビングにいた時のこと、突然、息子が言い出しました。
「この部屋暗くない?」
うーん、そういえば晴れている割には暗い感じです。
皆様のお宅でも、いつもの部屋が、なんだか暗いな~と感じたことがありませんか?

原因は、照明器具の汚れの可能性大です!
実は、照明器具は、知らず知らずのうちに汚れがつき、1年間掃除をしないままだと明るさが約20%も低下してしまうんです。
せっかく照明器具が良い光を放ってくれているのに、汚れという黒いフィルターを通していると照度が足りず、疲れ目の原因になってしまいます。

我が家の照明器具を外してみると、案の定カバーの内部に埃がうっすら・・・そういえば、年末の大掃除では外側しか拭いていませんでした。

そんなこともあり、今回は、《照明器具のお掃除の手順》をご紹介します!
img_556_20161216_160512_4b79b
●お掃除前の準備●
1.掃除をする前に電源をOFFにする。(またはコンセントを抜く)
2.使っていた照明器具は熱くなっているので、少し時間をおいてから掃除を始める。
3.感電する恐れがあるので、濡れた手で器具には触れない様にして下さい。
4.外せるのであれば電球や蛍光灯を外す。(外した電球や蛍光灯が転がって割れないように注意してください)
img_556_20161216_160617_a7c1d

●お掃除方法●
シーリングタイプ
プラスチック製であれば、水洗いが可能です。ゆっくりとカバーを外し、表面のホコリを取ってから中性洗剤をスポンジにつけて優しく洗います。乾拭きし、乾燥させます。
ペンダントライトなどの吊下げタイプ
上に積もったホコリをハタキなどで落として下さい。セードが金属製の物は水で拭くと錆びてしまう事がありますので、乾拭きする様にして下さい。
img_556_20161216_160705_eb5a4
紙製の照明器具
破れやすいので丁寧にハタキをかけます。
ガラスタイプ
ハタキでホコリを落としてから、中性洗剤で拭くか、水拭きし、最後に乾拭きをして下さい。
デスクライト
かさ(セード)、アーム、スタンド部分を柔らかい布で拭く。
電球・蛍光灯のお手入れ
柔らかい布で軽く拭きます。汚れを落とすために水拭きをする場合は、しっかりと乾拭きしてください。
※口金部分は濡らさない様に注意しましょう。

●お掃除後は●
水分が完全に乾いてからセットするようにして下さい。
セットする際は本体にきちんと固定されているか確認しましょう。
img_556_20161216_160916_46366

会員様は使ってらっしゃる方が多いと思います【ジェントライト・エリート】
色が白だけにきれいに保ちたいですよね。
からぶき布巾を用意するのが面倒であれば、ティッシュでもOKです。小さくたたんだティッシュを使えば、セードの内側とランプの間もきれいできます。
お子さんがうっかり付けてしまった鉛筆の線は、消しゴムを使うときれいになります。試してみてくださいね。

身の回りを明るく照らしてくれる照明器具、目を守るためにも大切に使いたいものですね。

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル