目の用語辞典

ボーマン膜

ボーマン膜は、角膜上皮層と角膜実質層 の間にある厚さ0.01ミリほどの大変薄い膜で、コラーゲン繊維で作られています。

再生能力はないので、一旦ボーマン膜が傷ついたり除去された場合、終生そのままになります。

また、痛覚はありません。

ボーマン膜の役割は、角膜上皮層を支え角膜の形を保つといわれています。ところが、最近の研究では それほどの役割はしていないという報告もあります。

実際、ボーマン膜が傷ついたり完全に除去された場合でも、角膜が変形したり視力が低下したというような不具合はないようです。

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル