目の用語辞典

マジカルアイについて

まずは目のピント調整についてですが、外部から目に入った光は、水晶体(レンズ)を経由して調整されます。

このレンズの厚さを調節するのは、毛様体筋という筋肉です。

近くを見るときは毛様体筋が縮み、レンズが厚くなって焦点が合います。
遠くを見るときは毛様体筋が伸び、レンズが薄くなって焦点が合います。

mouyoutai-kin

パソコンやスマホ、ゲーム機などの画面、本や雑誌など近くのものばかりに長時間、焦点を合わせていると、毛様体筋が慢性的に縮んだままになり、筋肉疲労を起こします。その結果、視力低下の原因となります。

マジカルアイは3D画像を見る立体視のトレーニングを行うものですが、「視力回復の効果があり、近眼・乱視・老眼のどれにも効果がある」と言われています。

マジカルアイの原理は、立体視の訓練をすることで「目のピント調整を司る毛様体筋の柔軟性が回復するので、視力回復が期待できる」のです。

マジカル・アイで3D(立体)画像を見て訓練すると、毛様体筋の柔軟性が回復し、視力回復の効果が期待されます。

毛様体筋も筋肉なので、柔軟体操をすることでしなやかさを取り戻すというわけです。

仕事や勉強、ゲームなどで長時間、近くのものばかりを見続けて目が疲れたとき、マジカルアイの立体画像を見て毛様体筋をリフレッシュしてみることを、お勧めいたします。

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル