目の用語辞典

交差法

交差法とは、立体写真用に撮影された写真、宝島社が出版のマジカル・アイ(マジック・アイ)に代表される立体像が浮かんでくる画像などにおいて、右目で左側にある像を見て、左目で右側にある像を見る事で、その写真や画像を立体的に見る方法の事を言います。

目線をクロス(交差)させて見ることから、交差法と呼ばれています。
また、遠くを見るような目にする平行法と言う方法もあります。

近視の方は、寄り目がちに目を使うことが多いため、平行法より交差法の方が得意な場合が多いです。
そのため、遠視や老眼の方のエクササイズには良いのですが、近視の方にはあまりお勧めできません。

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル