目の用語辞典

凝視

視力回復センターでは、凝視訓練と言って、遠くの距離にある視力検査表やランドルト環(Cマーク)を凝視させるトレーニングを行って、視力検査の値を良くしようとします。

これは厳密にいうと、視力を良くするトレーニングというよりは、視力表の当て方を上手にする訓練といえなくもありません。
ですので、効果が長続きしない点がよく指摘されます。

また、トレーニングする距離が遠く、目を細めて見る癖がつき乱視になる可能性も指摘されています。

遠くを見るときは、凝視ではなく、眺視(ちょうし)という見方が、本来のメカニズムにあった見方です。

眺視(ちょうし)についてもご参照ください。

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル