目の用語辞典

屈折検査

屈折検査とは、目に屈折異常(近視・遠視・乱視)がないかを調べる検査を言います。

屈折検査には他覚的検査と自覚的検査があり、他覚的屈折検査にはオートレフラクトケラトメータと言う専用の機器を用いて測定します。
オートレフを覗くと赤い気球などが見えますので、それを単に見ているだけで検査する事が可能です。

この他覚的検査によりおおよその数値が分かりますので、自覚的屈折検査ではその数字を元にして、簡単に脱着できるメガネレンズで視力検査を行い、最終的に本人に合ったメガネやコンタクトレンズを処方します。

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル