目の用語辞典

水晶体

カメラの構造にたとえると、眼内の凸レンズに相当するのが水晶体です。

水晶体は、チン氏帯という繊維を介して毛様体につながっています。

毛様体及び毛様体筋が弛緩・収縮することでチン氏帯が水晶体が伸び縮みします。
これによって水晶体の薄く・厚くなります。
屈折力が変化して網膜にはっきりした像を結ぶことが可能になります。

つまり、毛様体筋の一連の働きによって、目のピント調整が行われています。

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル