目の用語辞典

白内障

白内障(はくないしょう)とは、水晶体(レンズ)が加齢などで白く濁ることによって、視力低下する病気です。

加齢や紫外線のダメージ、外傷、糖尿病、先天性などさまざまな原因で起こりますが、最も多いのが加齢によるもので、加齢性白内障(老人性白内障)と呼ばれます。
誰でも加齢により水晶体は濁ってゆきますので、特に高齢者の方に多い病気です。

白内障の場合、主に下記の症状が見られます。
ものがかすんで見える
光をまぶしく感じる
視力低下する
矯正しても見づらい

初期の段階では、抗白内障点眼薬(ピレノキシン製剤やグルタチオン製剤等)による点眼治療や内服薬で進行を遅らせます。
ある程度進行していて日常生活に支障が出る場合は、超音波水晶体乳化吸引術で濁った水晶体を超音波で砕いて、人工の水晶体(眼内レンズ)を移植する手術が行われます。

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル