目の用語辞典

ドライアイ

ドライアイとは、涙の量が減少したり涙の質が変わって、眼の表面が乾くことをいいます。

ドライアイで悩んでいる方は、日本だけでも数百万人以上いると推定されていますが、 あまり深刻に受け止められていないのが現状です。

涙の役割には、
 ・眼を保護して、ウイルスや細菌の侵入を防ぐ
 ・眼に潤いを与えて、眼の表面にキズがつくのを防ぐ
 ・眼への栄養補給
などがあります。

ドライアイは全身性の病気が原因となって引き起されている場合もありますが、近年になって問題視されているのは、
慢性的な目の酷使による目疲れの蓄積です。

デジタル画面を見るとき、モニターをじっと見る(凝視する)必要があります。
このときまばたきの回数が減り、目の表面全体に涙が行き渡らなくなります。

すると、目の表面が乾いて、角膜が傷つきやすくなります。

次のような自覚症状が出たら、ドライアイを疑ってください。
・目が乾いた感じや重い感じがする
・痛みがある
・充血している
・慢性的な疲労感がある
・不快感がある

軽いドライアイであれば、主な原因はほとんど「長時間デジタル画面など手元の近いものを見続けていること」です。
そのため、次のような点を日常生活で少し意識するだけで、症状改善が期待できます。
・デジタル画面など近くのものを長時間見続けない
・近くのものを長時間見続けなければならない場合、適度に「目の休憩」を入れる
・意識的にまばたきをする
・室内の空気をきれいにする
・室内の乾燥を防ぐ
・夜更かしを防ぐ(早寝早起きなど生活リズムを整える)
・ストレスをためず、精神的にリラックスする時間を作る

ドライアイ対策として市販の眼薬を購入するときは、防腐剤の入っていないものの中から、涙と似た成分で作られた「人工涙液タイプ」の目薬を選択するようお勧めいたします。

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル