目の用語辞典

眼精疲労

視作業(目を使う仕事)で目を酷使し続けることで、頭痛や首・肩の痛み・凝り、微熱などの全身症状が現れ、休息や睡眠をとっても十分回復しない状態をいいます。

具体的な症状がはっきりと現れない「疲れ目」の状態のまま放置して、目を酷使し続けると疲労が蓄積して、やがて
次のような症状が現れてきます。

・目の調整機能の低下: 目の筋肉疲労が原因で、ものを見るときぼやけたりかすんだりすることがある。
・筋肉の働きの異常: 眼球を動かす眼筋が疲労したせいで眼球が正常に働かなくなり、近くのものにピントが合いにくくなる。
・視神経の疲労:眼を酷使しすぎ続けて、

原因は、以下に大別されます。

1.度の合わない眼鏡を使用していた
2.老視(老眼)の初期などで無理な近業作業を行った
3.緑内障や白内障でも眼精疲労が出現することがある

近年になってから、パソコンやスマホなどデジタル画面を長時間見続ける機会が増えたため、これが原因の眼精疲労が急増しています。

全身疾患によるもの、心因性(ストレス)のもの・環境によるものなど、眼精疲労の原因は多岐にわたっています。

そのため、眼鏡が合わない場合は作り直す、目の病気が発見されれば治療する必要があります。

パソコンなどのデジタル画面を見ながら長時間視作業をする機会の多い人は、適度に「目の休憩」を取ることが重要です。

眼精疲労に特効薬はありませんが、ビタミン剤の配合された点眼薬や内服薬が有効である場合があります。
そのため、症状が激しい場合は眼科を受診することも視野に入れて、治療の必要があります。

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル