目の用語辞典

黄班(おうはん)

黄班(おうはん)は網膜の一番後ろ(眼底)にあり、物を見るときにとても重要な役割をします。

目を観察すると網膜の中央部分に位置するこの部分が際立って黄色いので、この名称がつきました。

黄班には色を識別する視細胞が数多く存在しています。

この黄斑が変化すると、ものが歪んで見えたり、視野の中心が暗くなったり欠けたりし、視力に影響が出てきます。
この症状の事を、黄斑変性(おうはんへんせい)と言います。

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル