目の用語辞典

SPH

SPH(Spherical)とは、「あなたの目を、正視に近い状態に矯正するためのレンズの度数」のことを指し、屈折度数とも呼ばれています。
裏返してみると、近視の方の場合は、近視の進行度を表します。

近視の方は、この数値がマイナスの値になります。

正常な状態(正視)は、目に入ってくる像の光が網膜上で結像して焦点が合います。
この結像がずれると、近視や遠視になります。

網膜の手前で結像する→近視
網膜より奥で結像する→遠視

網膜上を0とすると、手前側がマイナス、奥側がプラスとなります。

この時の長さが焦点距離で、近視が強い人は網膜よりかなり手前で結像する為、焦点距離がどんどん短くなり、近視度数が悪くなります。

近視度数は、下記の公式で求められます。
D = 1÷f (m)

D(ディオプトリー):度数を表す数値
f(focal length):焦点距離
m(メートル):焦点距離の単位
1:屈折率で通常は1となります。

例)焦点距離が50cm(0.5m)の場合、上記の公式に当てはめるとD=2となります。
  近視の場合は数値の頭にマイナスが付きますので、近視度数は-2Dとなります。

0~-2D:軽度近視
-2~-5D:中度近視
-5~-10D:強度近視 
-10D以上:最強度近視

遠視度数も同じく、下記の公式で求められます。
D = 1÷f (m)

D(ディオプトリー):度数を表す数値
f(focal length):焦点距離
m(メートル):焦点距離の単位
1:屈折率で通常は1となります。

例)焦点距離が50cm(0.5m)の場合、上記の公式に当てはめるとD=2となり、遠視度数は2Dとなります。

0~2D:軽度遠視
2~5D:中度遠視
5~10D:強度遠視 
10D以上:最強度遠視

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル