目について知ろう

ピアノ

ピアノなどの楽譜は細かいため、楽譜を凝視しすぎると近視になりやすい傾向があります。

手元と楽譜だけに集中するのではなく、練習中に目の休憩を入れましょう。
長時間に渡って暗譜する際も、同様です。

実際の演奏中も楽譜ばかりを注視せず、視線をときどき遠くに飛ばすことをおすすめします。

また、楽譜にあまり忠実に演奏しようとせずに、多少の間違いは気にせず、リラックスして取り組まれることもおすすめします。

楽譜を照らすピアノライトや、ポータブルタイプのデスクライトも併用するとさらに良いでしょう。

ilm16_ac01024-s

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル