目について知ろう

凝視

凝視(ぎょうし)とは、目を凝らして見つめることです。
読書やスマホ、携帯型ゲームなどに熱中してしまい、本や画面など近くにあるものを凝視することは、目にとって一番の負担になります。
近くのものを凝視する時間が長ければ長いほど、簡単に近視は進行します。

日常生活のほとんどが、手を伸ばした範囲内での作業(近業)にあたります。
対策として、目の休憩をこまめに取り入れることが大切です。

また、視力回復辞典の凝視をやめて眺視をしよう!も参考になさって下さい。

veracious009_01

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル