目について知ろう

天体観測

目が悪くなると、遠くの緑や星を見なさいと言われた経験はありませんか?

これは、撃墜王と言われた大日本帝国海軍の戦闘機搭乗員(パイロット)の坂井三郎氏がしていた視力回復法で、星を見て訓練したと記録により残されています。

天体観測など、目を細めずに認識できる遠くを見ることは、目の周りの筋肉が伸び(リラックスした状態)良い運動になります。
何より星を見ることで、癒しとなりリラックスできます。

ですが、星を見ていれば視力回復すると言うことはありません。
視力が良くなると考えるよりは、目の緊張を緩める目の休憩方法と考えた方が良いです。

パソコン、スマホ、本、携帯型ゲーム等々、現在の日本の生活環境は、近くを見る機会が非常に多いものとなっています。
酷使された目を緊張から解放し、近視がこれ以上進まないようにするためには良いでしょう。

ただし、星にピントが合わないほど視力低下している場合は、ぼやけているだけで効果的な目の休憩とはなりません。

ilm13_bb02004-s

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル