目について知ろう

幼児向けの検査

一般的に知られている視力検査方法としては、ランドルト環と呼ばれる1ヶ所が欠けた輪が多く並列している視力検査表、
字づまり視力検査表での検査です。

字づまり視力検査表は、測定したい視標の上下左右の影響で、視覚の場を乱すため、幼児の視力検査には向かないとされています。
個人差はありますが、7~8歳くらいまでは、字づまり視力検査表での測定では、「読み分け困難」という現象がみられます。
そのため、小学校低学年くらいまでは、字一つ視力検査表を使用するのが良いとされています。

present-300x239

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル