目について知ろう

学校の席

不同視(左右の視力差)を防ぐためにも、ものを見る時は、両目で真っ直ぐ見ることが基本です。

ですが、学生の場合、学校の席が端になってしまったり、机の配置がコの字型、というようなこともあると思います。

その場合でも、ある程度の距離があれば、黒板に多少斜めの位置であってもそれほど問題はありません。

視線だけでなく、顔を黒板の方に向けるようにしたり、椅子ごと身体の向きを黒板の方へ向けるなど、少し工夫すると良いです。

ただし、本やパソコンなど、見るものと目の距離が近いときは、斜めから見る影響が強く出やすいためご注意ください。

sst008-s

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル