目について知ろう

屈折検査

屈折検査は、焦点を合わせる機能の異常を確認するための検査で、これにより近視、遠視、乱視があるかないかを知ることができます。

屈折検査には他覚検査(他覚的屈折検査)と自覚検査(自覚的屈折検査)があり、他覚検査はオートレフラクトケラトメータが使われます。

他覚検査で、近視や遠視、乱視のおおよその数値がわかります。
その数値を基にして、実際のメガネレンズで自覚検査を行います。

屈折度数:(球面レンズ・Sph)
乱視度数:(円柱レンズ・Cyl)

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル