目について知ろう

目凝り

肩凝りは肩の筋肉を長時間収縮させることから起こります。
近視も、始まりは目の筋肉を長時間収縮させることから起こります。

【近視のはじまり】
遠くを見るときは、目の筋肉はリラックスして伸びるので、水晶体が薄くなる。
近くを見るときは、目の筋肉は緊張して縮むので、水晶体が厚くなる。

近くをずっと見続けていると、目の筋肉はずっと縮みっぱなしになり、さらに近くを見ている時間が長くなると、遠くを見ても目の筋肉は元のように伸びなくなります。

この状態を、目凝り(めこり)と言います。

水晶体はずっと厚くなったままで、遠くにピントが合わなくなり、結果、近視が進行します。
(水晶体とは、目の中でレンズの役割をしている部分。
 厚くなったり薄くなったりすることで、目の焦点を近くにも遠くにも合わせることができる。)

肩凝りも目凝りも、一番効果的な予防法は、こまめに休憩を入れて違う使い方をすることです。
目の休憩タイムに、目だけではなく、肩を軽く回したり伸びをする運動を取り入れることをお勧めいたします。

ilm19_ca02010-s

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル