目について知ろう

遠視と老眼

遠視も老眼も凸レンズで矯正しますので勘違いされることがありますが、仕組みが全く異なります。

加齢に伴い、目の中にある水晶体の弾力性の衰えや水晶体を支える毛様体筋が衰えたりする事で、近くにピントが合いにくくなる【調節異常】が老眼です。
平均的に40歳前後から始まると言われており、支障がでる場合は、近くにピントが合うようにするため凸レンズで矯正します。

それに対し、遠視は眼軸長(眼球長さ)が短すぎたり、角膜や水晶体の屈折力が弱すぎたりするために起こる、近視や乱視と同じ【屈折異常】です。
遠視は遠くの見え方を正常な状態(正視)と同じようにするため、凸レンズを使い矯正します。

rougan

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル