視力回復辞典

第23回眼 『視力偏差値』ってなんだ?!

『視力回復の真実!★知っておきたい近視のウソ・ホント』
早めに対策すれば、近視もこわくない!

  1. 視力の”平均点”は1.0を切っている
  2. 同じ偏差値なのに、時代によって視力が違う
  3. 注目! 昭和のA君と平成のX君の比較
  4. 視力っていくつが基準なの・・・
  5. まとめ

 

子どもの近視が増えた近年。
時代の変遷とともに、視力の「現実的な基準」も変わってきたというお話を、前回のメルマガでさせていただきました。

では、「視力1.0が現実的なものでなくなった」現在、
「視力って、いくつあれば標準といえるの??」
これは、大変難しい問題です。

この難問に対して、今回は『偏差値』の概念を使って明らかにしていきたいと思います。

1.視力の”平均点”は1.0を切っている

近視の児童・生徒比率の推移

【昭和24年】 【昭和38年】 【平成18年度】 【対昭和24年の増加】
小学生 6% 12% 28% 4.7倍
中学生 9% 21% 50% 5.6倍
高校生 12% 34% 59% 4.9倍

 

前回メルマガ『止まらない!近視の低年齢化』で、こんなデータをご紹介しました。

わずか60年足らずの間に、近視の割合が約5倍に増加・・・
という驚きの結果がはっきりと見てとれることは、前回お話したとおりです。

近視の小学生が6%、中学生が9%、高校生が12%だった昭和24年なら視力は1.0以上あることが普通、という状態。

つまり、視力の“平均点”は1.0以上といえるわけです。

一方、近視者数がぐっと増加した平成18年度では、近視が、小学生28%、中学生50%、高校生59%
この状態では、もはや視力1.0以上あることが普通である、とは言えません。

したがって、視力の”平均点”は1.0を切っていることになります。

2.同じ偏差値なのに、視力はこんなに違う

もう少し具体的にご説明しましょう。
ここでいよいよ【視力偏差値】の登場です。

偏差値の計算式を使い、昭和24年度と平成18年度のデータから【視力偏差値】を算出してみました。
計算のため、児童・生徒の視力分布は、どちらの年代も視力0.1から1.5の間に分布していると仮定します。

そうしますと、昭和24年における「視力1.0」の偏差値は、
   【視力偏差値】
小学生  42
中学生  44
高校生  45

視力が1.0あった場合、小学生なら「偏差値42」、中学生なら「偏差値44」、高校生なら「偏差値45」という”成績”になるわけです。

では次に、この当時の【視力偏差値】平成18年度にあてはめてみたときの、視力の値を計算してみます。

結果は・・・
平成18年度
小学生  偏差値42 → 視力0.7
中学生  偏差値44 → 視力0.6
高校生  偏差値45 → 視力0.6

つまり、昭和24年の視力1.0の位置づけは、平成18年では、小学生なら「視力0.7」、中学生なら「視力0.6」、高校生なら「視力0.6」という視力に相当することになるわけです。
よりわかりやすくするため、6人の小学生~高校生に登場してもらいましょう。

3.注目!昭和のA君と平成のX君の比較

ここに、昭和24年の小学生A君、中学生B君、高校生C君と、平成18年の小学生X君、中学生Y君、高校生Z君に集まってもらいました。

実際のA君、B君、C君は、60代か70代のおじいちゃん・・・ということには目をつぶり(笑)、時空を超えて全員が小学生~高校生とします。

それぞれの時代の小中高生は、同じ【偏差値】を持つ同士。
つまり全体の中での能力の位置づけは、同じランクになります。
A君とX君は「42」、B君とY君は「44」、C君とZ君は「45」です。

その条件で視力の絶対値を比べてみましょう。

 A君1.0 ―― X君0.7(小)
 B君1.0 ―― Y君0.6(中)
 C君1.0 ―― Z君0.6(高)
(昭和24年組) (平成18年組)

ここから、つぎのようなことが結論づけられます。

60年を経て全体的な視力の水準が下がった

具体的に、どのくらい下がったか?
昔の「視力1.0」は、今の「視力0.7」(小学生)「視力0.6」(中高生)に相当するということが、データ上明らかになったわけです。

4.視力っていくつが基準なの・・・

◎昔と今とでは、「視力の基準は変えて考えなければいけない」
【視力1.0】という数値は、
現在では、下記のような基準に置き換えて考える必要があります。

小学生 視力0.7
中学生 視力0.6
高校生 視力0.6

全体の視力の水準が大幅に下がってきている以上、「視力1.0以上は欲しい」という水準は、変えて考える必要があります。

視力回復に対して取り組む際は、このことを頭の中に入れておく必要があります。

5.まとめ

「視力1.0以上が正常」という感覚は、既に昔のものとして捉えなければならない
昔の「視力1.0」は、今の「視力0.7」(小学生)「視力0.6」(中高生)に該当する

 
今回、「偏差値」という概念から視力をとらえることにより、現実的な基準が数値の上から見えてきたわけですが、今の世の中、視力はどのくらいあれば標準的といえるの・・・?
【視力偏差値】は、それを知るための、ひとつの指標だと認識していただければと思います。

さて、次回は、
小学生 0.7
中学生 0.6
高校生 0.6・・・そのあとは?
「視力を長期的に考える」というお話です。

◎現在の視力が、すでに0.7を切っている・・・
 『視力偏差値アップ』は可能?

 

「早期発見/早期対処」の機会を逃さないために…

視力ランドでは、無料で視力向上可能性判定を実施しております。
フォームに必要事項を入力するだけで、その場で瞬時に可能性を判定します。
お気軽にご利用下さい!
 

眼育総研事務局

 

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル