視力回復辞典

第54回眼 おハシの使い方が視力にも影響してたなんて!?

『視力回復の真実!★知っておきたい近視のウソ・ホント』
早めに対策すれば、近視もこわくない!

  1. おハシ・鉛筆の持ち方が悪いと、姿勢が悪くなる!?
  2. 簡単!おハシ・鉛筆の正しい使い方習得法
  3. 正しい姿勢への真骨頂、『正しい座り方』って??
  4. お子さまの姿勢の崩れをお知らせ!
    「姿勢」感知アラーム【e姿勢(イーシセイ)】登場!
  5. まとめ

 

1.おハシ・鉛筆の使い方が悪いと姿勢が悪くなる!?

ある小学校で調査したところ、正しいハシの使い方ができている生徒の多くは、視力が良好なことがわかりました。

逆に、ハシの使い方がおかしい生徒の視力を調べてみたところ、その中の多くは視力が悪いという、衝撃の結果がでました。
なぜ、そんなことが起こり得るのでしょう?

その理由は、生徒達を観察することで、すぐにわかりました。

ハシが正しく使えない子の多くは、鉛筆の使い方もおかしいことが多かったのです。

そして、鉛筆の使い方がおかしい生徒は、勉強中の姿勢が、悪いことが多いのです。

鉛筆を正しく持たずに字を書いていると、書いている途中で字を見るためには、どうしても、覗き込むような姿勢になってしまいます。

座ったときの姿勢が悪いために、眼とノートとの距離が、極端に近くなっているお子さんが、増えています。

では、姿勢が悪いと、なぜ、視力が下がりやすいのでしょうか?
眼と、本やノートとの距離が短くなればなるほど、目の中の筋肉である、「毛様体筋」を緊張させる必要がでてきます。

逆に、遠くを見ているときは、この「毛様体筋」が、ゆるんでいる状態です。

通常は、見る距離によって、この毛様体筋が伸びたり縮んだりしながら、ピントを調節しています。

ところが、毛様体筋の緊張があまり長く続くと、毛様体筋が凝ってきて、ゆるみにくくなってしまいます。
そのため、視力が低下してしまうのです。

一見関係のない、ハシや鉛筆の使い方が、眼にとっては大切なことが、おわかり頂けたでしょうか。

もし今、お子さんがおかしな使い方をしていたら、すぐに、正しい使い方を教えてあげてくださいね。

2.簡単!おハシ・鉛筆の正しい使い方習得法

それでは、ハシを正しく使う方法を、簡単に覚えられるやり方をお教えします。
なんと、輪ゴムが1本あればいいだけ。とても簡単なんです。
こちらから、写真でご覧頂けます。

【輪ゴム矯正法】

  1. まず、親指とひとさし指に、輪ゴムを8の字にかけます。
  2. その状態で親指、人さし指、中指を使ってハシ(A)を1本持ちます。
  3. 親指の付け根から、輪ゴムをくぐらせて、もう1本の箸を通します。
  4. 上のハシ(A)のほうを上下に動かして、食べ物をつかみます。

子どもや手の小さな人が行う場合は、小さめの輪ゴムを使うようにしましょう。

これをしばらく続けるうちに、輪ゴムを通さなくても正しい持ち方ができるようになります。

次に、鉛筆の持ち方がおかしい場合は、洗濯バサミを利用した、正しい持ち方を確認する方法があります。

【洗濯ばさみ矯正法】

  1. 通常のV字型の洗濯バサミを1つ用意します。
    手が小さい場合は(小学3年生以下)は、Wクリップなどで代用します。
  2. 洗濯ばさみを、芯の先から約5cm程度のところに、はさみます。
    ※芯先からの距離は個人差があるので、お好きな位置で調整してください。
  3. 人差し指の第二関節あたりを、洗濯バサミのV時に開かれた部分におきます。
  4. 人差指の力を、ペンに正確に伝えるため、指先がペン先に対し、真っ直ぐなラインを保つようにしっかりペンの上に乗せることが大切です。
    残りの指は、ペンを支える程度にします。

 
これで正しい持ち方が簡単に確認でき、徐々に身についていきます。

ハシや鉛筆の持ち方って、実は意外と簡単に直せるかも!?
そんな気がしてきましたね。

3.正しい姿勢への真骨頂、『正しい座り方』って??

それでは、せっかくですので、常によい姿勢で座ることができるコツについても、お教えします。

それは、『座骨を意識して座る』と言う方法です。
座骨は、骨盤の一番下の部分にあります。 ※図で確認できます。

『座骨を意識して座る法』

  1. イスに腰掛けて、おしりの下に手を入れてみてください。
  2. おしりと太ももの境目のあたりに、左右それぞれ一点ずつ、手に骨が当たる場所があると思います。
    おしりの肉が厚い方は、指でその辺りを強く押してみてください。
    手に骨が当たる部分が『座骨』です。
  3. 座骨の位置がわかったら、その座骨の2点だけがイスに接しているように感じてください。
    そして、その2点で、バランスを取るように座ることを意識します。
    こちらを参照してください。
  4. つまり、足の代わりに、座骨でイスの座面の上に「立つ」ような感覚を持ちます。

 
姿勢が悪くなると、背骨の一番下にあって背中側の骨盤の間にある「仙骨」が、後方に傾いてしまいます。
詳細は、こちらで確認できます。

この、太陽のエネルギーであることは、間違いありません。
私たち『座骨で立つ』ということを意識して座るようにすると、仙骨が傾かず、自然と、背骨が伸びた姿勢を保つことができます。

4.お子さまの姿勢の崩れを音声や振動でお知らせする【近視バスター】登場!

勉強や読書に熱中しているうちに、ついつい姿勢がくずれてしまうことがありますよね。

しかし、問題なのは、本人はそのことになかなか気づけないことなのです。
そんなときに利用できるのが、近視バスターです。

頭にのせておくだけで、姿勢が崩れた時に、振動と音で教えてくれるすぐれもの。
その秘密はスマホなどに使われている加速度センサーにあります。

姿勢だけでなく、対象物との距離、周囲の明るさ、時間経過も振動と音でお知らせします。
正しい姿勢をいつでもキープできる「近視バスター」を活用して大切な視力を守って下さいね。

『近視バスター』の詳細は専用ページで!

5.まとめ

正しい姿勢は、視力回復、近視予防に必要不可欠!

鉛筆や、おハシの正しい使い方を知ることは、正しい姿勢への近道!
『座骨』を意識して座ることで、自然と背筋が伸び、良い姿勢に。
眼と、本やノートとの距離が、保てます。
いつの間にか崩れてくるお子さまの姿勢を感知してお知らせ「近視バスター」で、いつでも正しい姿勢をキープ

 

「早期発見/早期対処」の機会を逃さないために…

視力ランドでは、無料で視力向上可能性判定を実施しております。
フォームに必要事項を入力するだけで、その場で瞬時に可能性を判定します。
お気軽にご利用下さい!
 

眼育総研事務局

 

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル