視力回復辞典

第105回眼 不同視についてこれだけは知っておこう!

『視力回復の真実!★知っておきたい近視のウソ・ホント』
早めに対策すれば、近視もこわくない!

 

  1. セルフチェックの結果はいかに?
  2. 公開Q&A:『不同視』
  3. こんな生活環境だと不同視になりやすい
  4. ホームワックを利用した改善法

 

ミドリママ(以下ママ)
「皆さま、こんにちは~。
そろそろ衣替えもしないといけない気候ですね~、ちょっと前まで、半袖でいけそうな日もあったのに、本当に涼しくなったわ。」
眼育博士(以下博士)
「そうですね。
でも、衣替えってなかなか進まないものですね。
あれ、結構めんどうですよ。」
ママ
「あらぁ、博士もやっぱりそうですか?
やろう、やろうとは思ってるんだけど、ホント、おっくうな季節だわ。」
博士
「でもママ、ケンタくんの視力回復トレーニングは、めんどうくさがらずに続けてくださいよ。
季節も衣替えも関係ありませんからね。」
ママ
「それはもう、任せておいてください!
ケンタの視力回復は、いつも全力投球ですから!!」
博士
「頼もしい!
ママのやる気を確認できたところで、今日の本題に入りましょう。
前回のメルマガで、宿題を出したの、おぼえていますか?
みなさんに『不同視』のセルフチェックをお願いしました。」

 

1.セルフチェックの結果はいかに?

(登場人物)

・ 眼育(めいく)博士
眼育トレーニングの創始者で眼の健康のエキスパート
・ ミドリママ
30代のワーキングマザー
息子のケンタの視力を、何とか回復させたいと思っている
・ ケンタ
9歳。学校の健康診断で視力が落ちていたことが発覚

 

ケンタの視力低下がきっかけで、視力のスペシャリスト、眼育博士に相談することになったミドリママ。
今日も、眼育博士の研究所に、目の勉強に来ているようです…

博士
「まずは、『不同視』について復習しておきましょうか。」
ママ
「つまり、『がちゃ目』のことですよね。」
博士
「『不同視』とは、左右の視力差がかなり大きい状態のことです。
両目の視力に、0.3以上の差がある場合、『不同視』とみなします。
不同視の場合、片方の眼は視力が良い状態のため、視力が低下していること自体に、気がつきにくい
しかも、一度なってしまうと、目の使い分けが身についてしまうために、視力を向上させにくいという状況が生まれます。
だから、早めに見つけて対処することが、とても大切になります。」
ママ
「目の使い分けって、なんか聞きなれない言葉ですよね。
『不同視』についてや、目の使い分けについては、以前にも、博士が詳しく説明してくれていますよ。
皆さま、復習のため、ぜひ読み返してみましょう。
第83回眼 知らないと怖いガチャ目の話
博士
「『不同視』かどうかは、簡易的には、セルフチェックで確かめることができます。
前号では、以下のような宿題を出しました。

  1. まずは右目を手で隠し、左目で【遠く】を見てください。
    見る対象物は、文字など、見えているかどうかが判定しやすいものが含まれている範囲を選びます。
    距離は、その人の視力にもよりますが、3~5m程度が適当でしょう。
  2. 次に左目を手で隠し右目で【遠く】を見てください。
  3. 次に両目で【遠く】を見てください。
  4. 見え方がどのように変わりましたか?
    1,2,3の順にメモしておきましょう。

 
さて、1,2,3とも見え方に変化がなかった人は、今のところ『不同視』の心配はありません
次に1,2,3で見え方が大きく変わった方はいますか?
この方たちは、『不同視』の可能性があります。」

2.公開Q&A:『不同視』

ママ
「なるほど、簡単にチェックできるんですね。
それじゃあ、お寄せいただいた質問の中から選んで、公開Q&Aにいきますね。

Q.『片目だけすごく視力が落ちています。なんとか治したいと焦っているのですが、眼育で、片目だけ視力を上げることができますか?』

博士
「ご心配ですよね。そもそも、眼育は視力の向上のみならず、

  1. 両眼をバランスよく使っているかどうか
  2. 見るものを正しく眼でとらえているかどうか
  3. 眼を効率よく使っているかどうか

 
など、眼の総合的な機能を正常に保てるように設計されています。
言ってみれば、眼を正しい使い方に導くトレーニングですね。」

ママ
視力検査の数値がよい=眼がよい、って思いがちだけれどもそれだけじゃ、健康な眼とは言えないってことですね?」
博士
「そのとおり。
また、人間の体には、『使う機能はどんどん発達し、使わない機能はどんどん衰える』という法則があります。
このことは、眼の機能にも当てはまりますよ。
近くのものばかりを長時間見ていると、それ以外の使われない機能は自然に衰え始めてしまうのです。」
ママ
「ということは、近視って、“遠くのものをあまり見なくなったから遠くのものを見る機能が衰えてしまった現象”っていうこと?そう考えると、ちょっとこわ~い。」
博士
「だから、衰えてきた機能は活性化させればいいんですよ。
不同視とは、そもそも、どちらか一方の眼に使用が偏っている状態ですから、眼育で、両眼をバランスよく使えるようにトレーニングすることは、すごく効果がありますよ。」
ママ
「へえ~、近視だけではなく、不同視にもというか、眼の機能全般のために使えるってことね。
眼育ってすご~い。」

3.こんな生活環境だと不同視になりやすい

ママ
「それから、生活習慣では、不同視になる危険がある生活ってどんなのかしら?
いくら眼育で正しい目の使い方を身に着けても、そのほかの時間で、不同視を進行させてしまうような目の使い方をしていたらやっぱりダメでしょ?」
博士
「ママ、よく気付いてくれました。
不同視は一度視力差が出始めると、その後ますます差が開きやすくなりますからね。
特に、下記のことには、気をつけて下さい。」
  1. 食卓などで、本人から見て斜めに、テレビが配置されていませんか?
  2. パソコンやゲームをする時に、斜めの位置に、モニターが設置されていませんか?

 

ママ
「へえ、パソコンやテレビのディスプレイが斜めに設置されてても、不同視になる可能性があるんですか?!」
博士
「ありますね。
ディスプレイは眼への負担が高いので、斜めの設置で左右の目からの距離が変わると、片方の目だけで追ってしまいやすくなります。」
ママ
「早速、おうちに帰ってチェックしてみようっと。」

4.ホームワックを利用した改善法

博士
「それから、不同視を改善するのに、【ホームワック】を使う方法もあります。」
ママ
【ホームワック】って、双眼鏡みたいな装置を覗くだけでトレーニングできるやつでしょう?
あれって近視用のトレーニング機器じゃなかったでしたっけ?」
博士
「そうです。
【ホームワック】には、ピント調節筋を鍛える効果があります。
そして、左右の目でダイヤル数値を切り替えることにより、不同視にも対応します。
また、両眼視を調節する機能も含まれていて、両眼視機能の向上にも効果があります。」
ママ
「確か、テレビ番組を見ながらトレーニングできるんですよね。
ケンタも楽しんでやりたがるだろうから、気にはなっているんですよねぇ。」
博士
「興味があるのなら、【ホームワック】を試せるお試しレンタルサービスを利用してはいかがでしょう。」
ママ
「今回は不同視について詳しく知ることができたし、皆さま、公開Q&A、ためになりましたか~?
読者の皆さまと交流しながら進めていくのっていいわね~。」

 

「早期発見/早期対処」の機会を逃さないために…

視力ランドでは、無料で視力向上可能性判定を実施しております。
フォームに必要事項を入力するだけで、その場で瞬時に可能性を判定します。
お気軽にご利用下さい!

 

眼育総研事務局

 

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル