視力回復辞典

第3回眼 今日からできる、目のリフレッシュ法

『視力回復の真実!★知っておきたい近視のウソ・ホント』
早めに対策すれば、近視もこわくない!

veracious001_01

  1. なぜ近視が始まるのか?
  2. 目はじっとしているのは苦手!
  3. 目が悲鳴をあげている!
  4. 眼育おすすめ、目のリフレッシュ法! ハーフタイム!

 

こんにちは、風が強い日は、目をあけて歩くのが大変ですね。
いろいろなものが空気中に飛んでいるらしく、目にゴミがはいってきます。
花粉症の方は、今の時期は大変です。

目がかゆいと思いますが、目を強くこするのは、なんとかこらえて下さい。
目の角膜が傷付いてしまいます。
角膜が傷つくと、乱視の原因となってしまう事もあるんです。

さて、お子さまがいる方は、春といえば学校検眼!です。
学校検眼の時に、実力以上に悪い結果がでてメガネに!
なんていう事にはしたくないですね。

そこで、今号は、「今すぐできる目のリフレッシュ法」をご紹介します。
また、日頃パソコンを使っていて、目の疲れを感じている方にもお勧めです。
さっそく、目のケアの習慣を始めましょう!

1.なぜ近視が始まるのか?

まずは、近視の始まりから簡単にご説明いたします。
遠くを見るときは、目の筋肉はリラックスして伸びます→水晶体が薄くなる
近くを見るときは、目の筋肉は緊張して縮みます→水晶体が厚くなる
ですから、近くをずっと見続けていると、目の筋肉はずっと縮みっぱなしになります。

さらに、近くを見ている時間が長くなると、遠くをみても、目の筋肉は元のように伸びなくなってしまいます。

その昔、高校生の頃、私はバトン部にいたことがありました。
その頃は、毎日柔軟体操をしていたので、身体もだいぶ柔らかかったんです。

しかし、今の私は、一日の中でほとんど運動することがないので、筋肉がかなり固くなってしまいました。
元々、身体が固いほうだったので、パタリと運動をしなくなってからは、元に戻るのはあっという間でした…。

2.目はじっとしているのは苦手!

そもそも人間の身体は、固定的に使われることが苦手です。
なぜなら、人間は動物だからです。
つまり、字のごとく、”動く物”なんですね。
さてここで、次の2つの選択肢があるとします。

  1. 1時間微動だにせず、動かずに立っている。
  2. 1時間歩きつづける。

 
皆さんは、どちらを選択しますか?
多くの人にとって、1時間全く動かずに立っているのは、かなり苦痛だと思います。
少なくとも、私には無理です。

その一方で、「1時間歩く」というのは、簡単とは言いませんが、それほど難しい事でもありません。
歩き慣れている方であれば、「1時間くらいならへっちゃらよ!」とおっしゃるかもしれません。
このことを、普段の生活におきかえて考えてみましょう。

ずっと同じ姿勢で、パソコン作業をしていたら、肩が凝りますよね。
肩凝り対策として、腕や首を回したり、捻ったり、といった軽い体操ををする方もいらっしゃると思います。

これは、目にも全く同じことがいえます。
同じものをじっと見続ける時間が続いたら、合間に休憩や運動をいれることが大切なのです。

3.目が悲鳴をあげている!

パソコン、テレビ、TVゲーム、携帯型ゲーム、携帯メール、本などを見ている時は、目は狭いスペースに固定されて使われている状態となっています。

これは、言い替えると「凝視」している状態といえます。
目を凝らすと書いて「凝視」ですが、これは凝っている目(視)とも読めますよね。

人間の身体は、ある一定の時間固定されていると、本能的に、「動きたい」という欲求がでてきます。
それにも関わらず、見ているテレビや本、ゲームが面白くて、思わず長時間続けてしまう事がありますね。
それは、『目が凝ってきて、苦しい~っ!!!』という、身体の声を無視しているんです。

さらに、その声を無視し続けて、近くのものを見る時間の長い生活が続くと、その声はますます小さくなっていきます。

それは、身体が本来持っている、「動きたい、拘束されるのはイヤ」という欲求が、感じられなくなってくるという現象です。
感覚が、鈍くなってしまうんですね。

そうなると、ますます長時間近くのものを見ていても、平気になります。
その結果、その状況に適応するように、近視が進行してしまいます。
これを防ぐために、意識的に目の休憩をいれる必要があるんです。

4.眼育おすすめ、目のリフレッシュ法! ハーフタイム!

パソコン作業や読書を10~30分間したら、目のハーフタイムをいれましょう!
テレビを見ていてCMになったら、それも目のハーフタイムの合図です!
ハーフタイムは、たった10~30秒で結構です。
この数十秒が、あなたの目には救いの時間となります。

遠くの違う距離のものを眺める
縮こまっていた目の筋肉を、伸ばしてあげましょう。
(あなたの目の声)『ひゃーっ、たすかった~。 やっと一息つけたよ。』
リズミカルにまばたきをする
目をぎゅっと強く閉じて、ぱあっと大きく開きます。
そして目を”パチパチパチ”とリズムカルにまばたきをします。
ドライアイを防止して、目の周りの筋肉のマッサージ効果がでます。
(あなたの目の声)『うっひょー、きもち~い。 潤いがもどってきたぁ。』
眼球を上下左右に動かす
顔を動かさず、目だけを動かします。
お部屋の端から端まで、壁のラインなどに沿って、目線を動かします。
(あなたの目の声)『う~ん、ほぐれてきた。 調子がでてきたみたい』

どうでしょう? どれもその場ですぐにできるのが、ポイントです。
『10~30分間目を固定的に使ったら、10~30秒の休憩(目のハーフタイム)をいれる。。。』という事をぜひお忘れなく!
また、次号以降でも、さらなる目のリフレッシュ法を、順次ご紹介していきます。
 

子供に、しっかり目のケアをしてもらうために

『うちの子、私の言うこと聞かないのよね』
確かに、「目の休憩をいれなさい!」「目の体操をしなさい!」
と、ご両親の方が言っても、お子さまがちゃんと休憩をいれるかどうか、チェックするのはなかなか大変です。

そこで、お子さまが楽しんでやれるトレーニング、
お子さまが自分から率先してやるトレーニング!があるんです。
子供が自宅で簡単にできる、視力回復や近視予防の為のトレーニングツール
「近視バスター」
「ホームワック」

『うちの子、もっとやりたいって言って、何度もやろうとするんです。』
という喜びと驚きの声を、お母さまから頂いています。

視力回復トレーニングは楽しいから、続けられる ⇒ だから効果がでる

 

「早期発見/早期対処」の機会を逃さないために…

視力ランドでは、無料で視力向上可能性判定を実施しております。
フォームに必要事項を入力するだけで、その場で瞬時に可能性を判定します。
お気軽にご利用下さい!

眼育総研事務局

 

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル