視力回復辞典

第21回眼 学校検眼だけでほんとに大丈夫!?

『視力回復の真実!★知っておきたい近視のウソ・ホント』
早めに対策すれば、近視もこわくない!

  1. A判定ならさすがに安心か???
  2. 視力低下を見落とすワナが・・・
  3. グレーゾーンに注意!
  4. 検眼シートをもらっちゃおう
  5. 「近視スタートサイン」を見逃さない方法
  6. まとめ

 

新学期開始から、あっという間にはや2ヶ月。
今年もまた、学校検眼の季節です。

「最も危険なB判定!」というお話を、第7回でさせていただきました。

今回は、
じゃあ、A判定なら本当に安心できる???
学校検眼だけにまかせておいていいの?
ということについて、考えていきます。

1.A判定ならさすがに安心か???

学校検眼の結果がA~Dで評価され、

 判定   視力
A → 1.0以上
B → 0.7~0.9
C → 0.3~0.6
D → 0.2以下

という内容になっていることは、第7回で触れました。

また、
“B評価は赤信号!”
ということもお話しいたしました。

詳しくは、
【第7回眼】最も危険なB判定!
↑おさらいしてみて下さい。

さて、「B判定はアウト!」ということをおさらいしたところで、

じゃあ、さすがにA判定なら安心ですよね?
ということなのですが・・・

2.視力低下を見落とすワナが・・・

答えは、残念ながら「NO」!
A判定でも、中身はいろいろなのです。
A → 1.0以上

ということは、
1.0でも1.5でもすべてA判定である、ということ。
地域によっては、1.2以上は測定しないところもあります。

去年1.5だった視力が、今年は1.0になっていたとします。
それでも、出てくる判定は、両方とも「A」。

1.5→1.0という視力低下の始まりが、これでは見落とされてしまいます。

見落とされたままでは、徐々に低下していくばかりですから、
「A判定だわ、よかった (実際の視力1.5)」
「今年もA判定ね、よかった (実際の視力1.0)」
・・・放置・・・
→翌年「えっ、いきなりC判定? ずっとAだったのに!」

「A」「B」「C」という判定だけを見ていると、「C」が出た時点で、突然視力が落ちたかのように感じられます。

実際はジワジワと進行していたわけですが、気づかれずに突然近視を突きつけられてしまう・・・
結構怖いものがあります。

もう1つ、学校検眼では、保健室などに検眼表を設置して、立ち位置を決めて、というふうに実施することが多いようです。

また、大勢の子どもが1度に検査を受けることを考えると、

  1. 1人1人にあまり時間をとってはいられない
  2. 自分の順番が来る前に、検眼表を覚えてしまう


など、きめ細かいやり方ができにくく、したがって、結果が正確でないことも・・・

実際より悪い判定が出たり、逆に良い判定が出たりすることも、考えられるわけです。

3.グレーゾーンに注意!

つまり、
A判定にも、

  1. “本当に問題なし”である場合
  2. “近視になり始めている”場合

 
がある、ということ。
2の場合、AはAでも既に”グレーゾーン”に入っているわけです。

大切なのは、ここで近視の兆候を認識できるかどうかなのです。

「A判定でも近視の兆候が出ていることがあるのはわかったけれど・・・」

「じゃあ、それを知るためにはどうすれば??」
↓   ↓   ↓
それに役立つデータがあります。

●「視力」だけからはわからない、「近視の進行度」を数値で表したもの●

「えっ、そんな便利な数値って、あるの?!」

そう思った方、もしかして、前号第20回を読み過ごしたのでは??
いえいえ、大丈夫。今からでも十分間に合います。

【第20回眼】「視力」より大事な『屈折度数!?』って何?
↑ぜひお読みになり、

  1. 「屈折度数」とは何か
  2. 「屈折度数」のデータを得ることで、”問題なし”のA判定なのか、”グレーゾーン”に突入しているか・・・を知ることができる

 
ということをご理解いただければと思います。

近視は、”早期発見・早期対処”が最大のポイント。
視力がまだ高い間に、近視の兆候をつかむことができれば、それがいちばん効果的な近視予防といえます。

4.検眼シートをもらっちゃおう

近視アスレチックや眼科、メガネ店などで、定期的に「屈折検査」をしてもらえば、それに越したことはありません。
小学校時代は視力低下のスピードが速いため、2~3ヶ月に1度のペースで、検診を受けるのが理想的です。

とはいうものの、悪くなっているかわからないのに、定期的に検査に通うのはなかなか難しいもの。

そこでおすすめなのが、『自宅で視力検査だけはしておく』という方法です。

そして、何らかの異常を発見した場合に、急いで屈折検査を受けに行きます

といっても、どうやればいいの???
その際は、眼育(めいく)総研にお問い合わせください。
無料で家庭用検眼シートと、検眼方法をお送りします。

5.「近視スタートサイン」を見逃さない方法

「しかし、私が自宅で測定して、正確に測定できるのかしら・・・?」
と、ご心配の方もいらっしゃることでしょう。
それでは、自宅で検眼する際の、とっておきの方法をお教えします。

普段の生活の中で、近視のスタートサインを発見するのは、プロではない皆さんにとってはなかなか難しいことと思います。

ですが、検眼中には、眼の使い方のクセがとってもでやすいのです。
見るポイントさえわかっていれば、「近視スタートサイン」を意外と簡単に発見して頂くことができます。

まずは、検眼の準備をしましょう。
【ポイントその1】
検眼は立って行ってください。その方が、クセがでやすくなります。

自宅検眼では、しゃもじなどを使って片眼を隠しながら、右眼、左眼、両眼の順に検査してみてください。

月に1回程度のペースでやるのが、お勧めです。

【ポイントその2】
検眼表は貼りっぱなしにせず、普段はしまっておきましょう。
向きを覚えにくくします。

◆近視スタートサインの発見法◆
検眼している際のお子さんの様子を、次のポイントに従って、観察してください。

☆眼の使い方に異常がないか?☆

  1. 「細めていないか?」
  2. 「見開いていないか?」
  3. 「上目づかい・下目づかいになっていないか?」
  4. 「顔が正面から見て斜めになっていないか?」

 
☆リラックスしているか?☆

  1. 「肩に力が入っていないか?」
  2. 「呼吸はゆったりと行われているか?」

 
上記の項目に異常が見られず、
あくまでもリラックスした状態で、左右それぞれで視力1.0以上、両眼の測定で1.2以上あれば、とりあえず安心して大丈夫。

ただし、左右それぞれの視力の数値が1.0以上でているとしても、

  1. 眼の使い方にへんなクセがでていたり、
  2. 身体に余計な力が入っているようだったら・・・

 
そんな場合は、それを「近視スタートサイン」と受け止めましょう。

「近視スタートサイン」とは、3でお話した、”グレーゾーン”に入っている可能性を示すものです。

その場合は、屈折検査を受けてみることを、お勧めします。
↓  ↓  ↓
屈折検査データの『6つの数値』(検査時に訊きましょう)と、裸眼視力の数値を、眼育(めいく)総研にメールや電話でお知らせ下さい。

6つの数値とは、左右それぞれの、屈折度数(球面レンズ・Sph)、乱視度数(円柱レンズ・Cyl)、矯正視力の値です。

その数値を元に、現在あなたの近視がどの程度進行しているのか、客観的に無料で詳しく解説いたします。→『視力向上可能性判定』

屈折検査のデータがあれば、ないときよりも、より詳しく精度の高い判定が受けられます。

6.まとめ

○ 学校検眼の結果を過信しない
○ 自宅で定期的に視力検査してみる
○ その際、『近視スタートサイン発見法』を使う

近視を食い止めるには、「早期発見」がいちばんです!
早期発見のカギになるのが、自宅での検眼と、『近視スタートサイン発見法』です。

 

「早期発見/早期対処」の機会を逃さないために…

視力ランドでは、無料で視力向上可能性判定を実施しております。
フォームに必要事項を入力するだけで、その場で瞬時に可能性を判定します。
お気軽にご利用下さい!
 

眼育総研事務局

 

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル