視力回復辞典

第79回眼 目も運動したがっている!

『視力回復の真実!★知っておきたい近視のウソ・ホント』
早めに対策すれば、近視もこわくない!

  1. 目も運動したがっている!
  2. 目のSOSに応えよう!
  3. まとめ

 

「ちょっと、ゲームやりすぎよ!目を休めなさい!」
と注意しながらも、実際、目ってどうやって休ませたらいいのでしょうか?

眼を閉じてじっとする?

いえいえ、もっと効果的な方法があります。

今回はそんな「眼のリフレッシュ」に関連する大切なお話を、眼育(めいく)博士がしてくれます。
どうぞ、お見逃しなく!

(登場人物)

・ 眼育(めいく)博士
眼育トレーニングの創始者で眼の健康のエキスパート
・ ミドリママ
30代のワーキングマザー
息子のケンタの視力を、何とか回復させたいと思っている
・ ケンタ
9歳。学校の健康診断で視力が落ちていたことが発覚

1.目も運動したがっている!

眼育博士(以下博士)
「それにしても、ママは熱心ですね。
ケンタくんの近視を改善するために、努力していらっしゃる。」
ミドリママ(以下ママ)
「そうですか、えへへ。
博士にいろいろ教えてもらって、ケンタの目を守ろうと思っています。」
博士
「おうちでは、どんなことに気をつけているんですか?」
ママ
「そうですね、目を酷使する時間の制限をしています。
ゲームもテレビも、ほっとくと、いつまでもやり続けますから。
 
『それぞれ1日1時間まで』を徹底しています。」
博士
「なるほど。
近い距離にある画面を凝視する時間を制限するのは、大切ですね。」
ママ
「そうなんです、ケンタったら、DSをしてるときなんか、文字通り“凝視”してる感じです。」
博士
「そんなときは、時間の制限と併せて、眼の体操をすると、近視の改善には、より効果的ですよ。」
ママ
「え、眼の体操?」
博士
「そうです。
DSをはじめとする携帯型ゲームは、眼が、近くのごく狭いスペースに、固定(ロックオン)されてしまいます。
 
これは、パソコンや携帯メールでも同じです。
狭いスペースから目が動かない、まさに『凝視』の状態となります。
 
ところで、『凝視』は、『凝っている目(視)』とも読めますね。」
ママ
「ああ、言われてみれば、そうですね。
『目を凝らす』っていう意味と、『目が凝る』っていう状態を、両方あらわしているのかしら?」
博士
「良いところに、気がつきましたね。
体と同じく、眼も長時間動かさないと、凝ってきます。
当然、目も『動きたい!』と思います。
 
でも、テレビやゲームをしているときは、そちらに集中しているので、そうした眼の“SOS”に気づかず、そのまま続けてしまうのです。」
ママ
「それってなんだか、目がかわいそう。」
博士
「そう、まさに“かわいそう”ですよね。
脳に無視され続けると、眼の『動きたい』というSOS信号は、だんだん小さくなっていきます。
 
そして、眼の感覚がますます鈍くなり、『動かしたい!』という本能的な欲求を、全く感じなくなります。」
ママ
「そんな状態になったら、いくらでもゲームを続けてしまって、近視がますます進行しそう。」
博士
「その通りです。
そんな状態を招かないためにも、眼の体操が必要です。」
ママ
「その体操法、ぜひ教えてください♪」

 

2.目のSOSに応えよう!

博士
「眼の体操は、ゲームなどを10~30分間したら、1回行うのが目安です。
 
10分なら10秒間、20分なら20秒間、30分なら30秒間というように、短い時間で良いので、こま目にいれましょう。
 
やり方は、次の3ステップで行います。
  1. 遠くの違う距離のものを、のんびり数秒間眺めましょう。
    凝り固まってきた眼の筋肉を伸ばします。
  2. リズミカルなまばたきをします。
    眼を1~2秒間閉じます。

    ぱっと大きく開きます。

    『パチパチパチ』と、軽くリズミカルに10回ほどまばたき
  3. 眼球を上下左右に軽く動かします。
    顔を動かさず、目だけを動かすようにします。
    お部屋の端から端まで、壁のラインなどに沿って、目線をゆっくりと動かしていくと良いでしょう。
    横をやったら、次に縦をやります。」

 
博士の真似をして一緒に体操をやってみるママ。
 

ママ
「うわー、なんだか目がスッキリしますね。
特に目をパチパチするやつ。」
博士
「私も論文を読んだ後などに、このパチパチが欠かせないんですよね。」
ママ
「それに、どれもその場で簡単にできる体操ばかりですね。
 
準備するものがあったりすると、ケンタは面倒くさがりなので嫌がりそうだけど、これなら大丈夫ね。」
博士
「眼の体操は、いつでもどこでもが大事ですからね。」
ママ
「これって、パソコンによる眼精疲労にも効果的なんですよね?」
博士
「そうです。
だからケンタくんだけではなく、ママやパパにもおすすめですよ。」
ママ
「パパが最近、眼がショボショボするってこぼしていたのを思い出したんです。
 
さっそく携帯メールで教えてあげようかしら。
そしたらお礼にお土産を買ってきてくれるかも。
プリンにしようかな、ケーキにしようかな、それともUGGのブーツ?
 
もうすぐクリスマスだし、むふふ。
欲しいものリストを作って送らなくちゃ。」
博士
「長文メールをうったあとは、眼の体操を忘れずにね…」

 

3.まとめ

◆目も運動したがっている!◆

  1. 携帯型ゲームなどを見ていると眼の動く範囲が固定されてしまう
  2. 動く範囲を長時間固定されると、その状況に順応して、さらに近視が進行する
  3. 固定を防ぐために、こまめ休憩を入れ、そのときに眼の体操を取り入れると、リフレッシュできる。
  4. 眼の体操
    1. 遠くの違う距離のものを眺める
    2. リズミカルなまばたき
    3. 眼球を上下左右に動かす
  5. ゲームなどを10分続けたら、10秒間の体操、20分続けたら20秒間、30分続けたら30秒間、というように、体操は短い時間で良いので、こま目にいれると効果が高い。

 

「早期発見/早期対処」の機会を逃さないために…

視力ランドでは、無料で視力向上可能性判定を実施しております。
フォームに必要事項を入力するだけで、その場で瞬時に可能性を判定します。
お気軽にご利用下さい!

 

眼育総研事務局

 

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル