視力回復辞典

第81回眼 眼を細めると乱視に!?

『視力回復の真実!★知っておきたい近視のウソ・ホント』
早めに対策すれば、近視もこわくない!

  1. 眼を細めることの危険性
  2. テレビの距離はハーフタイムで解決!
  3. まとめ

 

「眼を細める」というしぐさは、大人にも子供にもしている人はいますよね。
でも、これを続けていると、ある危険が迫っているかも…?

今回は、「眼を細めることによる弊害」に関連する、大切なお話を、眼育(めいく)博士がしてくれます!
どうぞ、お見逃しなく!

(登場人物)

・ 眼育(めいく)博士
眼育トレーニングの創始者で眼の健康のエキスパート
・ ミドリママ
30代のワーキングマザー
息子のケンタの視力を、何とか回復させたいと思っている
・ ケンタ
9歳。学校の健康診断で視力が落ちていたことが発覚

1.眼を細めることの危険性

ケンタの視力低下がきっかけで、視力のスペシャリスト、眼育博士に相談することになったミドリママ。
今日も、眼育博士の研究所に、目の勉強に来ているようです…

ミドリママ(以下ママ)
「ケンタがテレビを見ているところってね、つい笑っちゃうんですよ。」
眼育博士(以下博士)
おもしろい顔をするんですか?」
ママ
「逆、逆。すごいしかめっ面をするんですよ。
まるで、大人が”政治討論会”を見ているみたいなんです。
でもね、ケンタが見ているのは、アニメか、動物番組ばかりなんです。
テレビ画面と表情がまるで合ってないから、おかしくて…。
あれ、おかしくないですか?」
博士
「ちょっと笑えませんねえ。」
ママ
「え?なぜ??家に来てケンタの様子を見たら、笑っちゃいますよ。」
博士
「テレビを見るときに眼を細めるのは、近視が進んでいる証拠ですよ。」
ママ
「えっ…でも、ときどきそういう人って、いますよね?
そうすれば見えるなら、いいんじゃないですか?」
博士
『眼を細める』という行為は、近視の人が無理に遠くを見ようとするときに行うしぐさです。
眼を細めると、遠くにピントが合いやすくなるからです。」
ママ
「へえ、どうしてそうなるのかしら?」
博士
カメラと同じ原理です。カメラを絞ると、レンズに入る光の量を調節できます。
これと同じように、眼を細めると、光の入る角度が制限されます。」
ママ
「なんだか難しい話ですね。」
博士
「カメラでは、光の入る角度を絞ると、被写体の前後にピントの合っている範囲が広がります。
目で言うと、ピントが合う距離が広がるのです。
ママ
「そうか、だから遠くが見えやすくなるのね。」
博士
「このようなわけで、近視の人がテレビや黒板を無理に見ようとするときには、つい眼を細めてしまいます。
しかし、あまり眼を強く細めることが癖になると、眼球に力が加わり、眼球表面が変形してしまうこともあるので、注意が必要です。」
ママ
「なんですって!怖いじゃないの。
それで、視力がもっと落ちるってことかしら。」
博士
「それが、乱視の原因となる危険性があるのです。
一度乱視になってしまうと、治すのが難しいため、乱視はぜひとも避けたいところです。」

 

2.テレビの距離はハーフタイムで解決!

ママ
「じゃあ、テレビの時間を少なくさせないといけないわね。
今でも見てる時間を巡ってケンカになりがちなのに、ますますバトルが白熱しそう…」
博士
「とにかく、遠くから眼を細めて見る、というのがイカンのです。
子供が近距離でテレビを見ていると不安になりますが、無理に遠くから見せて、眼を細めているのでは、逆効果です。
それくらいなら、いっそ距離を近づけ、眼を細めなくても良い距離から見せましょう。」
ママ
「眼が疲れるんじゃないかしら?」
博士
「その対策としては、できるだけこまめにハーフタイムを取ってください。」

ハーフタイムとは
近くばかり見ている眼に、遠くを見させて、リラックスをさせること。
テレビを15分間見たら、たった15秒間でよいので、ハーフタイムをとると良い。
CMタイムを使うのが、効果的
 
ハームタイムは、遠くの違う距離のものを眺める
→遠くの目安は、最大明視距離がベスト
→最大明視距離は下記ページを参考
 第16回眼『テレビは離れればいいってもんじゃない!』
これで眼への負担はかなり軽減されます。

ママ
「ハーフタイムはいいと思うけど、なんだか消極的な対策ね。
悪くなるのを防ぐだけ、みたいな。
もっと積極的な対策があればいいんだけど…
私って、ワガママかしら?多くを求めすぎ?」
博士
「いいえ、そんなワガママな方に応える、良い方法があります。
『眼育ホームワック』を使えば、テレビを見ながら、視力回復トレーニングを、努力感無しに行えます。
しかも、普段は見えない距離から、裸眼でテレビを見れるので、ケンタ君も喜ぶはずです。」
ママ
「すご~い、博士!いろんな方法を知ってるんですね。
『ホームワック』はかなり魅力かも♪
博士
「ホームワックを使うと、子供も堂々とテレビが見れるし、親もテレビを見せている罪悪感がなくなるので親子双方の精神安定上にも良いですね。」
ママ
「たしかに。
ホームワックをやったあとは、ホームワークもやりましょ♪って誘ってみようかしら。
怒られずにテレビが見れて機嫌がいいはずだから、普段より言うことを聞くかもしれませんよね。」
博士
「ママはしたたかですね…」

 

3.まとめ

◆眼を細めると乱視に!?◆

  1. 眼を細めるピントが合いやすくなる→カメラの『絞り』と同じ原理
  2. 眼を強く細めると、眼球に力が加わり、角膜を変形させてしまうおそれがある
    →乱視につながる可能性あり
  3. やたらにテレビから距離を離すのではなく、眼を細めなくてもいい距離で見せつつ、ハーフタイムでこまめに眼を休ませよう
  4. 逆にテレビを利用した、眼育ホームワックという視力回復トレーニング法もある

 

「早期発見/早期対処」の機会を逃さないために…

視力ランドでは、無料で視力向上可能性判定を実施しております。
フォームに必要事項を入力するだけで、その場で瞬時に可能性を判定します。
お気軽にご利用下さい!

 

眼育総研事務局

 

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル