視力回復辞典

第113回眼 視力低下と成長期のディープな関係って?!

『視力回復の真実!★知っておきたい近視のウソ・ホント』
早めに対策すれば、近視もこわくない!

 

  1. 公開Q&A:『成長とともに視力が落ちる、と眼科で言われましたが、本当ですか?』
  2. まとめ

 

ミドリママ(以下ママ)
「皆さま、こんにちは~。
梅雨に入って雨ばっかりで、イライラしますね~、そうかと思うと、たまに晴れるとすごく暑かったり。
こうなったら早く、夏本番になってほしいですね~」
眼育博士(以下博士)
「そうですね。
夏になったら、海にプール、夏休みの旅行と、楽しいイベントも待ってますものね。
そのためにも、このジメジメ梅雨は耐え忍ばねば…」
ママ
「そういえば、前回のメルマガで公開Q&Aとして取り上げた『なぜ眼科で言われる事を鵜呑みにしてはいけないのか?』の、読者の皆さまからの反響は、いかがでした?」
博士
「ちょうど学校検眼の時期とも重なっていたので、身近に感じられる話題だったみたいですよ。」
ママ
「『眼科を受診してください』って紙をもらってきて、青くなったお母さんも多いだろう季節。
さて、どんな反響がありました?」
博士
「こんなのがありました。
 
『うちの子供は1.5と0.8の不同視です。
今年の学校検眼で、悪い方の視力が去年に比べてC→Bにアップしたので、引き続き頑張ります。
また、近くを見た後のハーフタイムを習慣化するようがんばっています。
子供も視力を低下させたくない、という意欲を持てるようになってきました。
(大阪府 八木 久美子様より)』」

※検眼のC判定…片目の視力が0.3~0.6という範囲
検眼のB判定…片目の視力が0.7~0.9という範囲

ママ
「ハーフタイムを習慣化かー。
確かに、ハーフタイムって、すごくいい対策ですよね。
でも、眼科じゃそういうこと、なかなか教えてくれないのよねー。
さて、博士、今日の公開Q&Aのテーマは何でしょう?」
博士
「今回は、
『どうすれば、成長期が終わるまでに、メガネなし生活が送れるぐらいの視力が維持できるか?』
ですよ。」
ママ
「う~ん…。
近視がすすんだ子どもたちにとってメガネなしで生活が送れたら、それって、夢のような話じゃないの!?
では、さっそくスタート!」

 

1.公開Q&A:『成長とともに視力が落ちる、と眼科で言われましたが、それって本当?』

(登場人物)

・ 眼育(めいく)博士
眼育トレーニングの創始者で眼の健康のエキスパート
・ ミドリママ
30代のワーキングマザー
息子のケンタの視力を、何とか回復させたいと思っている
・ ケンタ
9歳。学校の健康診断で視力が落ちていたことが発覚

 

ママ
「Q1:『成長とともに視力が落ちる、と眼科で言われましたが、それって本当?
 
あ、これ、ママ友でも言われた人がいるわ。
視力が落ちてしまったことを相談したら、『落ちてしまった視力はもう戻らない。しかも、成長とともに、この先もっと落ちていくのですが、まあ、しばらくは様子を見ましょう。』って言われたんですって。
 
そうなると、今回の『どうすれば、成長期が終わるまでに、メガネなし生活が送れるぐらいの視力が維持できるか?』っていうテーマ自体が意味なくなっちゃうんじゃない?」
博士
「眼科のお医者さんはつまり、成長により軸性近視が進むと言いたいんでしょう。」
ママ
軸性近視??」
博士
「軸性近視を説明する前に、まずは成長期を考えてみましょう。
幼少期から成長期は、体の発達段階です。
背がどんどん伸びていき、骨格も大きくなっていきます。
目も体の一部ですから、人によっては目の組織が、ほかの人よりも急速に発達し、眼球(眼軸)が伸びることも考えられるわけです。」
ママ
「そりゃそうよね。赤ちゃんのままだったら変よね。」
博士
「さて、小さいころからゲームやテレビのある環境だと近くを見る時間ばかりがすごくふえるため、眼の周辺の筋肉や組織が凝り固まってしまうのです。
いわゆる『目凝り』状態となり、遠くを見る時の調節がうまくいかなくなってきてしまいます。」
ママ
「それがつまり、近視の始まりでしょ?」
博士
「そう。
でも、それはあくまでも“遠く”を見る時の話ですよね。
それなのに、近くを見る時すら、メガネやコンタクトレンズに頼ってしまう人が多い
特に成長期の過矯正は、眼にとって大きな負担になると、常々お話ししているのに…。」
ママ
「あちゃ~、やっちゃった。
だって、メガネやコンタクトレンズを使うと楽だもんね。」
博士
「本来の眼球はその名の通り、ボールのような丸い形
それが、成長期にメガネやコンタクトレンズで必要以上に矯正を続けていると、どうなると思います?」
ママ
「え~、なんかこわ~い、いったいどうなるの?」
博士
「ボールのような丸い形は、だんだんと変形して、楕円形になります。
ラグビーボールみたいな形です。
こうなると、ピントの合う位置が変わり、今までどおりの矯正ではピント合わせができなくなる。
その結果、近視の度が極端に進んでしまうわけです。
これが軸性近視といって、重度の近視となってしまうことです。」
ママ
「メガネやコンタクトレンズを使うと楽だけれども、それは同時に、強度の近視への道をまっしぐら~ってわけね。
こわ~い!」
博士
「しかも、ここまで進んでしまった近視は、改善がむずかしくなります。
『成長とともに視力が落ちる』のは、適応力の高い成長期ならではの真実でもあります。
 
つまり、今の子たちの成長期には“近くを見続ける”という生活習慣が大きく加わったため目凝りの状態になりやすい
 ↓
近くを見る時でも、必要以上にメガネやコンタクトを使ってしまう
 ↓
目が、メガネやコンタクトレンズを使った見方に適応してしまう
 ↓
どんどん近視が進行してしまうという流れになっていくのです。」
ママ
「必要以上にメガネやコンタクトを使ってしまう、という点が問題なのね。
でも博士、成長しても視力が落ちない人っているでしょ?
この人たちは、どんな目の人なのかしら?
遺伝的に目がいい家系なのかな?」
博士
「遺伝が出ましたね。
それでは、次回のQ&Aは、『近視は遺伝なのか?』にしましょうか。」
ママ
「ぜひ!え?でも、今日のQ&Aはこれで終わりですか?」
博士
「今、我々は、視力に関するとても大切な論点にさしかかりました。
『どうすれば、成長期が終わるまでに、メガネなし生活が送れるぐらいの視力が維持できるのか?』
 
すなわち、いつも眼育総研が一貫して唱えている『成長期が終わる20歳を超えるまで、メガネなしでも日常生活が送れるレベルに、視力を維持すること』というスタンスを、もっとくわしく理解してもらいたいので数回にわたって、じっくりと考えていくことにしましょう。」
ママ
「博士の唱える説がいよいよ世に出るってわけね。」
博士
「とっくの昔から世に出ていますぞ。
世の中のみんなが、なかなか気づいてくれないだけで…。」
ママ
「大丈夫。
この際、わたくしミドリママが徹底的に博士のその説を広めてあげるから。
ただし、ケンタの視力の面倒もよろしくね。」
博士
「すがはママ、そのへんはちゃっかりしている…。」
ママ
「ヘヘヘっ。」

2.まとめ

◆◇視力低下と成長期のディープな関係って?!◇◆

  1. 眼球はもともと丸いボール状だが、眼に負担をかけ続けているとラグビーボール状の楕円形になる。これを軸性近視と言う。
  2. 『成長期になると視力がどんどん落ちて、止められない』とは、身長が伸び、眼球も伸びる成長期に、必要以上にメガネやコンタクトを使ってしまうと軸性近視になるということ。
  3. 大切なことは、『成長期が終わる20歳を超えるまで、メガネなしでも日常生活がおくれるレベルに、視力を維持すること』
  4. これからは、『楽しくなければ視力回復じゃない』という時代がやってくる。

 

「早期発見/早期対処」の機会を逃さないために…

視力ランドでは、無料で視力向上可能性判定を実施しております。
フォームに必要事項を入力するだけで、その場で瞬時に可能性を判定します。
お気軽にご利用下さい!

 

眼育総研事務局

 

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル