視力回復辞典

第99回眼 近視とブルーライトの関係

『視力回復の真実!★知っておきたい近視のウソ・ホント』
早めに対策すれば、近視もこわくない!

  1. 最近よく聞くブルーライトって何?
  2. メガネを使わない対策
  3. まとめ

 

皆さんは、最近、ブルーライトって言葉を耳にしたことはないでしょうか?
マスコミで、ブルーライトが、眼精疲労や近視の原因になっているようなことが、言われ始めています。

『目に良くない』と言われると、つい反応してしまいますよね。
今回は、「ブルーライト」に関連する大切なお話を、眼育(めいく)博士がしてくれます!

今号も、他では決して聞けない貴重な情報が目白押し♪
どうぞ最後までお見逃しなく!

1.最近よく聞くブルーライトって何?

(登場人物)

・ 眼育(めいく)博士
眼育トレーニングの創始者で眼の健康のエキスパート
・ ミドリママ
30代のワーキングマザー
息子のケンタの視力を、何とか回復させたいと思っている
・ ケンタ
9歳。学校の健康診断で視力が落ちていたことが発覚

 

ケンタの視力低下がきっかけで、視力のスペシャリスト、眼育博士に相談することになったミドリママ。
今日も、眼育博士の研究所に、目の勉強に来ているようです…

ミドリママ(以下ママ)
「今日は、ブルーライトについて教えてください!」
眼育博士(以下博士)
「いいでしょう。最近結構言われるようになりましたね。」
ママ
「この前、テレビのコマーシャルで見たんです。
色々なディスプレイからブルーライトは出ていて、それが目に悪影響を及ぼすから、ブルーライトメガネをかけよう!って言ってました。
あれ見てから、不安になっちゃって…」
博士
「ブルーライトは、380から495ナノメートルの青色光で、波長が短いのが特徴です。」
ママ
波長が短いと、目に悪いんですか?」
博士
波長が短いほどエネルギーは強くなるため、目が疲れやすくなります。
ママ
紫外線みたいな感じかしら。」
博士
「そうですね、紫外線が目に悪いことは、すっかり有名になりました。
メガネのUVカット機能はすでに相当普及していますが、次の課題が、ブルーライト対策と言われています。」
ママ
「パソコンやテレビからブルーライトは出ているらしいけど、DSゲームからも出ているのかしら?」
博士
「そうですね。
他には、スマホなどからも出ています。」
ママ
「へえ、あんなに小さなものからもねえ。」
博士
「ちなみに、ブラウン管のテレビだと、ブルーライト発生量は、液晶テレビに比べて3分の1になります。
ブラウン管は液晶に押されて減り気味ですが、ご自宅のテレビは液晶ですか?」
ママ
「はい、地デジに変わるときに、でっかい液晶テレビを買っちゃいました…
あ~あ、液晶テレビパソコンゲーム
ケンタはいつもブルーライトにさらされてるってことね。
ブルーライトメガネをかけると、ブルーライトはカットできるんですか?」
博士
「100%とはいきません。
一般的に流通しているものは、せいぜい10%の遮断がいいとこですね。
しかし、中には50%以上カットできる、高性能なメガネもあります。」
ママ
「でも、いくらブルーライトカットができても、せっかくケンタにメガネをかけさせたくなくて頑張っているのに、メガネを使うだなんて、なんか抵抗があるわ。」

2.メガネを使わない対策

博士
「確かに、ママの言うことにも一理あります。
それでは、メガネを使わずにできる対策を教えましょう。」
ママ
「それは嬉しいわ。」
博士
「よく使うディスプレイには、ディスプレイフィルムを貼りましょう。
その際に、ブルーライトをカットできる『ブルーライトカット液晶フィルム』を、選ぶと良いでしょう。」
ママ
「それって、ブルーライトから目を守ってくれるフィルムなの?」
博士
「そうです。
ブルーライトのカットと同時に、画面のギラつきも抑制してくれるノングレアタイプを選ぶと、眼が疲れにくくなります。」
ママ
「なるほど~」
博士
「それから、単純に、ディスプレイ画面の明るさを抑えめにすることも、有効です。」
ママ
「パソコンのモニター画面って、出荷時は一番明るくしてあるって聞いたことがあるわ。
余計なことしないで欲しいわよね。
で、明るさはどうやって変えたらいいですか?」
博士
明るさの調整方法については、お使いのコンピュータやOSの種類によって方法が異なります
デスクトップならば、モニター本体のボタンから行えますし、ノートパソコンなら、ファンクションキー操作か、専用の調節キーがついている場合もあります。
ご自宅のパソコンの取扱説明書の指示に従って、明るさを調整してみましょう。
やり方がわからないときは、メーカーのサポートに電話で教えてもらうと良いでしょう。」
ママ
「さっそくやってみます!!
それにしても、液晶っていい事づくめかって思ってたけど、ブルーライトなんて、意外なデメリットがあったもんね。
ブルーライト~ヨコ~ハマ~♪っていう美しいイメージが、今日で一変しちゃったわ。」
博士
「その歌をご存知で…。
ママ、ひょっとして歳をごまかしてませんか…?」

3.まとめ

◆◇ブルーライトメガネは必要?◇◆

  1. ブルーライトは波長が短く、エネルギーが強い可視光線。
    目に悪い影響を与えるとされる。
  2. PC、スマホ、液晶テレビ、ゲームなどのディスプレイから発せられている。
  3. 液晶テレビから発せられるブルーライト量は、ブラウン管時代の3倍
  4. ブルーライト対策
    1. ディスプレイ用フィルム(ブルーライトカットフィルム・ノングレアフィルム)を貼る
    2. モニター画面の明るさを抑える

 

「早期発見/早期対処」の機会を逃さないために…

視力ランドでは、無料で視力向上可能性判定を実施しております。
フォームに必要事項を入力するだけで、その場で瞬時に可能性を判定します。
お気軽にご利用下さい!

 

眼育総研事務局

 

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル