視力回復辞典

第66回眼 近視を洗濯バサミと輪ゴムで防ぐ!?

『視力回復の真実!★知っておきたい近視のウソ・ホント』
早めに対策すれば、近視もこわくない!

  1. なんで崩れるの?うちの子の姿勢!
  2. 正しい姿勢の先生は、洗濯バサミ&輪ゴム!?
  3. まとめ

 

姿勢が悪いと、眼が悪くなる…よく言われることです。
猫背になったり、肘をついたりすると、どうしても本やノートと、目の間の距離が短くなるからです。
じゃあ、姿勢が悪くなるのはなぜでしょう??

今回も、眼育(めいく)博士が、ミドリママに「近視を防ぐための秘訣」について、解説してくれます。
どうぞ、お見逃しなく!

(登場人物)

・ 眼育(めいく)博士
眼育トレーニングの創始者で眼の健康のエキスパート
・ ミドリママ
30代のワーキングマザー
息子のケンタの視力を、何とか回復させたいと思っている
・ ケンタ
9歳。学校の健康診断で視力が落ちていたことが発覚

1.なんで崩れるの?うちの子の姿勢!

前号で、眼育博士から、テレビを見るときの距離「リラックスした状態でピントを合わせられるギリギリの距離」(最大明視距離)で見よう、という話を教えてもらったミドリママ。
ふと、勉強中のケンタの様子が頭に浮かび…

ミドリママ(以下ママ)
「じゃあ、本を読むときや字を書くときの距離は、どう考えたらいいんでしょう?」
眼育博士(以下博士)
勉強中のケンタ君の様子はどうですか?もしかして、カメさんや猫ちゃんのようになってる?」
ママ
「そうなんですよぅ…。
最初はいいんですけど、だんだん背中が丸くなってきて、そのうち顔が机にくっつかんばかりになって…。
だから、口うるさく注意するんですけど、何回注意しても、ダメなんです…」
博士
「口でいくら注意しても、難しいよね。
何事も、形を直そうとすると難しいんですね。
コツは、姿勢が崩れる原因にアプローチするんですよ。」
ママ
「姿勢が崩れる…“原因”ですか…?」
博士
「そう。姿勢が崩れる原因には、いくつかあります。
例えば、

  1. 机とイスの高さの関係
  2. 座る時の意識の持ち方
  3. 机の配置と照明の関係
  4. 鉛筆やハシの使い方

 
などが、原因となっている場合があります。」

ママ
「あっ、言われてみれば、ケンタの鉛筆の持ち方で気になることが!
指にすごく力が入って、鉛筆を紙面に垂直にして書いています。」
博士
「鉛筆の使い方がおかしいのは、姿勢が崩れる“隠れた原因”と言われているんですよ。」
ママ
「これは、痛い所を突かれちゃいました…。
しつけが悪いって言われているようで、耳が痛いです。」
博士
「まぁまぁ、過去を悔やむのは止めましょう。
大事なのは、今後どうするかですから。」
ママ
「そうですよね!大事なのはこれからですよね。
それじゃぁ、ズバリ教えてください。
鉛筆の使い方って、どうやって教えたらいいんですか?」

 

2.正しい姿勢の先生は、洗濯バサミ&輪ゴム!?

博士
「鉛筆の使い方は、洗濯バサミがあれば簡単に覚えられますよ。」
ママ
「えっ、洗濯バサミですか!?」
博士
「まず、洗濯バサミを1つ用意します。
それを、鉛筆の芯の先から5センチほどのところに挟みます。
 
次に、人差し指の第二関節あたりを、洗濯バサミのV字に開かれた部分の上におきます。
 
人差し指の指先ペン先に対し、まっすぐなラインを保つようにしっかりペンの上に乗せ、残りの指は、ペンを支える程度にします。
これで、正しい鉛筆の持ち方が、身につきます。」

こちらから写真で確認できます。
手の大きさに合わせて目玉クリップを応用する方法もあります。
ママ
「さっそく子供に教えてみます!!」
博士
「次に、おハシを持つことは、上手にできていますか?
ママ
「いえ、おハシも残念ながら…」
博士
おハシが正しく使えない子の多くは、鉛筆の使い方もおかしい事が多いんですね。
それでは、簡単にできる、おハシの正しい持ち方も教えましょう。」
ママ
「ありがとうございます。
持つべき物は、良い隣人ですね。
洗濯バサミの次は、何を使うんでしょう??」
博士
輪ゴム、です。」
ママ
「輪ゴム!?ですか?」
博士
輪ゴム1本を用意し、まず、親指とひとさし指に、輪ゴムを八の字にかけて、親指、ひとさし指、中指を使ってハシを1本持ちます。
 
親指の付け根から、輪ゴムをくぐらせて、もう1本のハシを通します。
上のハシをのほうを上下に動かして、食べ物をつかむ。
これをしばらく続けるうちに、輪ゴムを通さなくても正しい持ち方ができるようになりますよ。」

こちらから写真で確認できます。
ママ
「これなら簡単にできそう!
ケンタも面倒くさがらずやってくれそうです♪
鉛筆やおハシの使い方が、視力にも影響するんですね。
 
姿勢を良くしなくっちゃ!
私もついでに姿勢をよくしたら、さらにスタイルが良くなるかしら?」
博士
「…う~ん…保証はできませんが…努力してみてください…」

 

3.まとめ

◆洗濯バサミと輪ゴムで視力低下を防ぐ!?◆

  1. 座って作業をする際、姿勢が崩れると、目と見ている物の距離が縮まり、近視の危険性が高まる。
  2. 姿勢の崩れに対しては、形から直そうとしても難しい。
    原因にアプローチするのが良い。
  3. 姿勢が崩れる“隠れた原因”に、鉛筆やハシの持ち方の乱れがある。
  4. 鉛筆やハシの正しい持ち方を身につけるには、洗濯ばさみや輪ゴムを使うと、カンタンにできる。

 

「早期発見/早期対処」の機会を逃さないために…

視力ランドでは、無料で視力向上可能性判定を実施しております。
フォームに必要事項を入力するだけで、その場で瞬時に可能性を判定します。
お気軽にご利用下さい!

 

眼育総研事務局

 

一覧に戻る

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル