眼育(めいく)とは?

  

知って得する眼育(めいく)!

なぜ今、眼育(めいく)が必要なのか? ~その背景と知識~

眼球は運動性の高い器官!

眼球は、たくさんの筋肉が付着している、とても運動性の高い器官だってことをご存じでしたか?
眼球の内部には、『ピントを調節する筋肉』、『瞳孔を開いたり閉じたりする筋肉』、眼球の外部には、眼球をあらゆる方向に動かすための『6つの筋肉』が付着しています。

目の様々な機能が充分活用されるためには、これらのたくさんある筋肉全てが協調して、滑らかに動く状態が保たれることが必要です。
それによって、視力をはじめとする、目の機能は正常に発揮されます。

使わない目の機能は衰える

人間の身体には共通しているゴールデンルールがあります。
それは、『使う機能はますます発達し、使わない機能はますます衰える』というものです。
目の複雑な機能を使う能力が育つのは、成長期です。
しかし、現代のように部屋の中など、周囲からの危険がない状態で長く過ごすと、周辺視野をはじめとするさまざまな機能が育ちにくくなります。

昔にさかのぼれば、日常の遊びの中で、目の機能をいろいろと使う機会が、今よりもたくさんありました。
子供たちは、鬼ごっこ、缶蹴り、馬跳び、ベーゴマ、三角ベース、大勢でじゃれあい、野山を駆け回っていました。
そして、身の回りに危険もありました。
このような日常の環境でつちかわれた、大きな空間で目をさまざまに使う体験が、目の運動機能を育てます。

モニター画面だらけの現在!

今の子どもたちは、外で遊ぼうとするとお母さんから危険だと言って止められ、塾に通って長時間勉強し、学校の校庭も放課後は開放してくれない。
さらに、家ではTVゲームやインターネット、外では携帯型ゲームやスマホと、日常にモニター画面が溢れています。
そして、目の前の近い距離の平面の画像を、長時間見つめる毎日…

なんと偏った目の使い方をしていることでしょう。
わずか10年~20年さかのぼれば、これらの道具のほとんどは、存在すらしていませんでした。
それによって得られることとは何でしょうか?
…空間も距離も狭い範囲内で、長時間連続して見ることに目が適応していくということです。

近視(視力低下)とは、一種の適応現象とも見ることができる

それは目にとってはどのような状態なのでしょう?…お気づきになりましたか?
それこそが、近視の状態なのです。
『近視とは、一種の適応現象とも見ることができる。』という意味が、お分かり頂けましたでしょうか。

近視は、必ずしも悪いことばかりではないのです。
人間の身体が、理由もなく悪い状態を選択することはありません。
携帯ゲームで高得点をだそうと真剣になってやればやるほど、身体はそれに有利な近視の状態を選択していくのです。
だってそのほうが、有利ですからね。
そして、遠くのものや動くものを的確に目で捉えたり、距離感をつかんだり、目を素早く動かして危険を察知したりする能力は、あまり必要がないため、衰えていきます。

以前、競泳で五輪の金メダルを獲得した鈴木 大地 元選手が、テレビで自分の手を見せていました。
その手には、指と指の間に、水かきのようなものができていました。
人間の身体が環境に順応していくという意味では、まさにそれと同じ事が起こっているのです。

眼育(めいく)が勧める目の対策

目の運動がもともと不足している人たちは、長時間の勉強やモニター画面使用などの悪条件の元では、ますます運動性が不足し、比較的簡単に近視に陥ります。

そして何も行動せず、今まで通りに生活された場合は、さらに近視が進行する恐れがあります。
視力が0.1以下に落ちる方のほとんどは、成長期の間に落ちます。
そこから言えることは、20歳までに維持(向上)した視力は、財産だということです。

全く何もせずに、視力が0.1以下まで落ちるリスクを追うことを考えると、たとえ視力1.0以上になることが無理だとしても、可能な限りの視力になることを目指すことが、得策と言えます。

このようなケースに最適なのは、【ホームワック】を使ったトレーニングです。

ホームワックは、下記のような条件でも、視力トレーニングが可能なように作られています。

・中学生以上
・裸眼視力0.2以下
・すでにメガネを使用
・視力トレーニングに前向きでないお子様
・ご両親が忙しく、子供の視力トレーニングを手伝ってやることができない

【ホームワック】は、1日20分間、テレビを見るだけで、視力トレーニングができます。(お好きなDVD等を見て頂いても構いません。)

楽しくなければ視力回復じゃない!

眼育(めいく)は、文字通り「近視の進行を食い止めつつ、視力を向上させ、再び視力低下を起こしにくい目を育てていくことを目的」としております。

コンタクトレンズやメガネなどは、失われた遠くにピントを合わせる力を補うために使われますが、ホームワックは、遠くにピントを合わす力を取り戻すための機器です。

ホームワックは1日の生活の中で凝り固まった目の筋肉を和らげ、常に柔軟な目の使い方を維持できるように、食事、入浴、歯磨き、睡眠などと同じように、毎日の日課としてテレビやDVDなど好きなものを見るだけで、特に意識することなく、トレーニングができてしまいます。

どんなに忙しくても、1日20分程度の時間は、テレビを見ているのではないかと思います。
そんな時に、同時にご利用頂ける手軽さも、昨今の生活環境にマッチしていると考えられます。

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル