目の用語一覧

目の用語一覧

3D効果と方法

◆3Dの効果 3D は、写真やイラストを、目の焦点を変えて見ることで、隠された文字や図形が見えてくるもので、毛様体筋などの目の周りの筋肉を和らげる効果があります。 3Dで視力回復トレーニングという言葉をみかけますが、回復 […]

star

学校検眼の結果

毎年行われる春の学校検眼。 結果を見て、どのように行動するのが良いのでしょうか。 ◆A判定=安心ではありません◆ 入学、進級後に行われる学校検眼では、視力ごとにA、B、C、Dの4つに判定され結果が通知されます。 結果は健 […]

スマホ老眼

スマホ老眼とは、スマホなど近くを見る作業で目を酷使した結果、目の周りの筋肉が凝ってピント調節ができなくなる症状のことです。 スマートフォンを見たあと、遠くをみるとぼやけたり、手元の細かい文字などが見えないという、スマホ老 […]

ilm201201_013r-s

遠視と老眼

遠視も老眼も凸レンズで矯正しますので勘違いされることがありますが、仕組みが全く異なります。 加齢に伴い、目の中にある水晶体の弾力性の衰えや水晶体を支える毛様体筋が衰えたりする事で、近くにピントが合いにくくなる【調節異常】 […]

rougan

乱視

乱視とは、近視や遠視と同じく目の屈折異常です。 角膜や水晶体の歪みが原因で、ピントが本来の位置で合わなくなってしまい、モノが歪んだり二重に見えます。 近視による見えづらさに伴って発生する種類の乱視ではなく、先天性の乱視の […]

正乱視

正乱視は、角膜または水晶体がラグビーボールのような歪みが生じ、円柱レンズによって矯正が可能な乱視を言います。 乱視のほとんどは、正乱視でメガネやコンタクトレンズで矯正します。 乱視の角度を表す円柱軸によって、直乱視、倒乱 […]

不正乱視

角膜の一部が突き出ていたり、表面がデコボコしていて不整な状態で、円柱レンズで補正することができない乱視を不正乱視と言います。 円錐角膜や翼状片などの眼疾患、逆さまつ毛や目をゴシゴシ擦り角膜に傷をつけるなどの外傷、目を細め […]

乱視度数

近視や遠視の測定にも使用するオートレフラクトメーターで、乱視度数の測定も可能です。 乱視度数はメガネやコンタクトレンズを作る際に、必ず処方箋に記載される乱視の程度を示す数値です。 乱視度数は、円柱(CYL)に表記され、円 […]

リビングルーム

近視を進行させない、あるいは視力を維持するためには、生活習慣を整えることが大切です。 特に小学校低学年の間は、特に、習慣をつけることが大切ですので、読書や宿題はリビングルームなど、親御さんの目の届くところでする事をお勧め […]

睡眠と視力

成長期のお子様にとって、十分な睡眠は不可欠です。 栄養バランスの良い食事を規則正しく摂っていても、睡眠時間が不足すると、体の発育にいろいろな障害が起こることがあります。 また、睡眠時間が不足すると疲労が回復されにくく、精 […]

日光浴回復法

日光浴は、紫外線の働きにより体内でビタミンDを合成したり、皮膚を鍛錬して丈夫にするのに良いとされています。 まぶたを閉じて日光を浴びることによって、視力を改善する効果が期待できます。 やり方は、以下の通り、非常に簡単です […]

gankou

遠近回復法

私たちの目はもともと遠くのものから近くのものまで、ピントを合わせてはっきり見ることができるはずです。 ところが、特に都会などで生活している限り、近くのものばかりにピントを合わせて見ることが多く、遠くのものにピントを合わせ […]

洗顔マッサージ

洗顔のときに手で顔を覆うのを真似ながら、目のまわりのツボを刺激することによって、視力を上げる効果が期待できます。 やり方は簡単です。 洗顔のときの要領で手で顔を覆ってください。 そうすると、両手の指先が眉の少し上のところ […]

斜位

両眼視をしているときには、眼位に問題がないのに、片眼を閉じた時に閉じた方の眼位がすれてしまう症状です。 潜伏斜視とも言われ、斜視と同様に、内斜位・外斜位・上斜位・下斜位があります。 斜位の程度が強いと、視線を合わせるため […]

まばたき回復法

まばたきは目を守り目の疲労を回復するものですから、目の健康のために必要不可欠な運動です。 実は、意識的にまばたきをすると、視力を回復させる効果が期待できます。 やり方は、以下の通り: 1.数秒間パチパチと6回ぐらいまばた […]

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル