近視になる仕組み

  

なぜ近視になるのか

近視の始まり

ここでは、図などを使って解説します。
赤枠でくくってある部分は、文中に出てくる専門用語です。

目の構造図
目の構造図

近視は、目に入ってくる像にピントを合わせる"水晶体"と呼ばれる部位の、厚さを調整する筋肉が、近くの像にピントを合わせる状態で凝り固まり、遠くの像を捉える際の筋肉の緩め機能が働きにくくなる症状のことです。
この筋肉のことを"毛様体"(もしくは"毛様体筋")といいます。

また、眼球(専門用語では"硝子体"といいます)も近くのモノを見る際は、内側に寄るため(いわゆる寄り目)、近視の方は、眼球を外側に動かす働き(遠くのモノにピントを合わせる際の動き)も鈍くなっています。

なお、近くのモノを見る際の眼球の運動を"輻輳運動"遠くのモノを見る際の運動を"開散運動"といい、このイメージは下図に示したとおりです。

輻輳/開散運動のイメージ図
輻輳/開散運動のイメージ図

これらは、一般に「近視傾向」や、「仮性近視」、「近視」などと呼ばれる状態で、このようなケースが多くみられます。

近視では、下図の赤い線のように、目に入ってくる像の光が"網膜"の手前で結像して(焦点が合って)しまい、ぼやけてしまいます。
メガネなどは、青い線のように、しっかりと"網膜"で結像するように矯正するものです。

近視状態のイメージ図
近視状態のイメージ図

極度の近視が進んでしまうと…

軸性近視

成長期に合わせ、目(眼球や目の筋肉など)も成長していきますが…。

放置しておくと、一番大きな部位である眼球("硝子体")そのものの変形が始まり、通常より眼球が伸びて長くなってしまう「軸性近視」と呼ばれる状態となってしまいます。

こうなると、"水晶体""眼球"の活動機能だけでは、ピント調整ができなくなってしまいます。

では、近視の主な原因は…

世間一般では、近視は遺伝によるものと言われていたりしますが…。
最近の研究では、読書、携帯型ゲーム、スマホなど、目を近づけて行う作業(「近業」といいます)や、目を凝らしてじっと見る行為(「凝視」といいます)を長く続けていたりすると、近くのモノを見る状態で目の筋肉凝り固まったり働きが悪くなったりしてしまい、これが近視の主な要因と考えられています。

つまり、遺伝というより、生活習慣・環境に起因するところがあるのです。

生活習慣・環境に起因

近視に対しては早めの対処で改善することができる

正常に活動するように対処

前述のとおり、近視は親からの遺伝によるなどと言われていますが、実際はそうではないケースの方が多いと考えられており、目の筋肉正常に活動するように対処することによって、近視予防や改善ができるのです。

その一つの方法・ツールである『ホームワック』について、知りたい方は、こちらからどうぞ!

page top

視力トレーニング【ホームワック】1週間お試し1,000円レンタル